スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



今度こそ誰かに反対されそう

やりたいことのスケールが、でっかくなっていく。
 
こんばんは、九屋あんずです。
21歳になって初めてほっぺたにチューしてくれた異性は
お肌つるつるジャズシンガー、ウィリアム・シルクなのでした。
友好の証は形をいとわず嬉しい。
 
 
というわけで、
我らが音楽監督・イノウエミユキさん所属のロスリーダースビッグバンドと
ウィリアム・シルクのライブに行ってきました。
二度目。
 
最前列をもちろんとって、
ミユキさんの勇姿を見て
フランクシナトラの再来といわれるシルクの歌声と彼の笑顔を見て、
 
中二くらいからすきだったジャズとか、ビッグバンド系
グレン・ミラとかね。
それが、やっとなんていうか、
CDではない実体として存在することを確認することは
涙があふれてきそうなんだ。あー、何年たっただろう、と思うのだ。
 
 
懐古したいのだ。
そこにはきらきらしたものが沢山ある、ようにみえる。
それでいて切ないから、懐古っていうのは娯楽なんだ。
 
 
ねむたーい。
あー、そのあと飲み会出席した話とか、はしごした話とか
明日かくかなー、かかないかなぁー、
 
おやすみなさい、拍手のお返事はまた明日。

スポンサーサイト

2009.07.06 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。