スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



基本的になんにも覚えてないよ、天気予報見てても覚えてない

サンダルはいちった。
 
PA0_0048.jpg
 
こんばんは、九屋あんずです。
午前中ニーハイですごしてましたが、
あまりにあったかいのでサンダルに。
 
ちなみにこれはCAMPERというブランドのものです。
すごく長くはけるのでとってもお勧めです。靴は革に限るね。
 
 
寒がりのあたしは、ミニスカートとかホットパンツとか履かないわけで
(↑のスカートも、長いティアードスカート)
ときどき足はこうやって日光浴しないと、もやしみたいな色になるの、ほんとに。
 
中高のとき、スカートをそんなに短くするでもなく、ハイソックスを普通にはいていて
(当時演劇部だったので)衣装に着替えたりして素足になると
ほかの肌の色と足の色がぜんぜんちがった。
 
ぎょっとするほど白く、
美白というより、青びょうたん寄りの白さだった。
 
 
しかし、そんな青びょうたんレッグスにも
去年の夏、こんがり狐色の危機が訪れた。
 
あー懐かしい、パセリスの舞台衣装のお仕事をさせていただいたとき。
 
朝からずっと日の当たるスペースで衣装を作っていて
西日が強くなる夕方ごろ始まる稽古に顔を出していたため
舞台が終わるころには、
この写真のサンダルそのまんまに跡がついちゃったのである。
 
 
あせった。
このまま、このコントラストであたしは生きていかなきゃいけないのかと思って。
なんせいままで青びょうたんでしたからあんな狐色体験は初めて。
 
ビタミンCのタブレットを食後にかみ締めつづけ
そのうちにあたしは狐色事件のことなどすっかり忘れ
目的を忘れて「タブレットおいしーい」とかぬかしていた。
 
 
で、今になって「あ、そういえばあたし足のターンオーバーに燃えてたっけ」とか思い出した。
めでたいもんですね。
 
 
 
以下、ランキングと拍手お返事。
 
bottun-rank-g.gif
↑ランキングボタンです。
きょうの記事面白いなぁと思った日には、
チラッと押していただけるとなんだか嬉しいです
 


 
>みなとさん
 
 ほんとそうだと思うんですよ。
 「俺ももうおじさんだ」とか30歳くらいのひとに言われると
 自分の立場も忘れて、そんなことねぇよと熱弁しそうになります。
 
 オヤジギャグいわれるとね、「あ、おじさんだね」って言わざるを得ないけど…
 (なぜ30をすぎるとみんな言いたくなっちゃうんだろう・・・
 なんだよそれって思っていた20代の日々があるはずなのに)
 
 

スポンサーサイト

2009.04.09 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。