スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



クリスマスと聞いて緑と赤を思い起こすように、さまざまな事象にはちゃんと色が付いていると感じる。

だいすきなノーマン・ロックウェルを覚えるのに半年はかかっている。
 
こんばんは、九屋あんずです。
相変わらず充電中の日々で、
ヨガとゲームとヨガと掃除とヨガと居眠りで生きています。
 
けど一昨日の晩、
きゅうにひとりで夜中撮影したりしました。謎多き日々です。
ルンバお待ち兼ねの皆さん、もうすこしだけお待ちくださいましね。
 
 
 
きょうはブログ復帰とまいります。
 
この前、友達と二人で東京駅ちかくの丸善にいってきました。
大きい本屋で、
全部で五階?くらいのほとんどが本!
 
友達が本格的に読書デビューをしたいというので
「任せろ!」と
親指をグッと突き出し、
ダッと行ってみた訳です。
 
彼的には、ついうっかりガンガン買い込むあたしを見たかったらしいんだけど
迷いに迷って一冊を買う方針で行ってきました。
一冊との出会いを求めてって言うのも、たのしいもんね。
 
 
あ「男の子に人気ありそうなのは、伊坂さんとかー
  ミステリー好きで長いのもアリなら森博嗣とかー、あとは、東野圭吾とかー」
友「ほうほう」
あ「あたしとかは、江國さん大好きだけど、
  恋愛要素満点だからなぁー…」
友「(おもむろに、江國香織著「落下する夕方」のあらすじを読んで)
  …あ、コレにする
 
今の説明ちゃんと聞いてたのか、友よ。
男子向けの話をすごいしたじゃないか、あたし。
 
その後、彼の中で
「薔薇の木枇杷の木檸檬の木」と「落下する夕方」という
まさかの江國作品の一騎打ちになり
 
「薔薇の木枇杷の木檸檬の木」ご購入。
 
 
 
彼が、今後しばらく通学のあいだ
奥さん友達だけで昼食をとる妻ランチのシーンとかに
対面するのかと思うとちょっと面白い……
 
江國作品にハマってくれ、友よ。
丸善だったら、いつでも行くから。
 
搬入担当の江本くんも、なにげに江國さん好きになったみたいだしね、そういえば。
 
 
 
ちなみにあたしは、美検向けの参考書「この絵だれの絵」を買いました。
 
自他共に認める、右脳と左脳が七三分けのわたしは
絵と文章をつなげて覚えられんのです。画像と概念が繋がらないのよー。
人の名前がぜーんぜんでてこない。
 
北斎でさえも、平気で忘れます。
それはもともとなので、なんとか諦めないで覚えたいのよー。
 
 
 
以下、拍手お返事です。
 
bottun-rank-g.gif
↑ランキングボタンです。
きょうの記事面白いなぁと思った日には、
チラッと押していただけるとなんだか嬉しいです
 


 
>ミユキさん
 
  時計の謎の件、ありがとうございます!
  シルクの件、ありがとうございます!
  ああーっ、もろもろ、ほんとありがとうございます!
 
 
>影の総長さん
 
  わーかった、どなたなのかわかりました!
  その節はどうも、個展にもいらしてくださったようで、ありがとうございます。
  天井装飾はおもにプラスチック容器を使用しました。
  ひとつひとつ手塗りなんですよ^^
 
 

スポンサーサイト

2009.03.09 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。