スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



「の」が多い

ゾンビモードを断ち切って観劇に行ったら、役者の杉本大さんと会った。
 
こばんは、九屋あんずです。
ばったり系が多い大さんとあたしは
新宿の相場さんの芝居で、またまたばったりしたのだ。
 
帰りに苺タルトをたべつつ、
近頃のお互いのはなしをする。
大さんはやっぱり丁寧な人で、そしてユーモラスなの。
 
 
で、「そういう何にもしたくないときってあるよ」とも
「でも、なんか適当に遊んでいればそのうち治るよ」とも言ってくれた。
 
 
だから一人でカラオケにふらっと寄って
いろいろ唄ったんだけど
最後はユーミンの「真夏の世の夢」を唄ったの。
 
 
ユーミン、というのは、あたしにとって
非常に薄く浅く、しかしながら確実に人生の一部にリンクした、概念だ。
 
母親が好きでよく聞いていたから
ベストアルバム的なものはよく聞いた。
あれが唄いたかったの、ほんとうは。
 
 
♪なんとかかんとか さーあとーびこえてー
 いっせんきゅうひゃーく ろくじゅーうねーんへー
 
 
曲名を忘れて、急遽「真夏の世の夢」。もちろんこれもすきなの。
なんだったっかなぁ
 
あとは、米米CLUBも、わたしにとって
ユーミンし同じような、聴いて育った音楽なんだ。
 
 
キャブキャロウェイも、グレン・ミラも、椎名林檎もぜんぜんしらなかったときの
あの風合いをはこんでくる、概念なの。
 
 
  
bottun-rank-g.gif
↑ランキングボタンです。
きょうの記事面白いなぁと思った日には、
チラッと押していただけるとなんだか嬉しいです

スポンサーサイト

2009.02.24 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。