スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



あたしの中のミーハーな部分は、たぶん全体の1%にも満たないの

観劇!でも知り合いの舞台じゃないの。
 
こんばんは、九屋あんずです。
制作の時間もきょうはこのステージにあわせて微調整。
 
いつもブログに書いている観劇系のはなしは
スタッフさんとか出演者さんに知り合いがいることが多いんだけど
今回の劇団モンスーン「UNDER」は知り合いゼロ。
 
加藤大騎さんを観にいく。
 
それだけ。
 
 
スーパーコンプレックスの「MAKOTO」をみたときなんだけど、
初めて、ぜんぜんしらない役者さんを見て
「かっこいいー、このひとの次の舞台が見たい!」と思ったひと、加藤大騎さん。
 
かっこよさの種類としては、
舘ひろしさんと同じ星から来たかんじのナイスミドル。
素人のわたしからみても、
自分の役どころの立ち居地を
きちんと踏みしめているかんじのする、素晴らしい役者さんです。
 
 
きょうのブログは、
五年に一度あるかないかの
九屋あんずのミーハーアクションについてお送りしたいと思います。
 
 
五年に一度なので長いです。 
 
よみたいひとは続きをクリック。


 
 
役者の杉本大さんと二人で観にいって
彼の知り合いの方々(役者さんと制作さん)と合流して四人で観劇。
 
大臣役だったミリタリー版加藤さんはもちろんかっこよく
観劇後の役者さんとの面会で、
いいしれぬ緊張に襲われつつ(なんせ五年に一度なんで)
おもいきって名刺をわたして、それで帰ろうと思ってたのです。
 
気分は完全に影からこっそり追っかける子です。
 
普段はねぇ、
ミーハー的になんかキャーキャーできないのです。
したいんだけど、できないんだけど、五年に一度!
こういうときがあるんだよ、たぶん。
 
 
あー、きょうはたのしかったなぁと思っていた
 
 
 
 
そのとき。
 
杉本大さん「加藤さん、飲み行きます?」
 
 
お?
 
 
 
そんなわけで、数時間後には。
 
20090208000220

 
どこが影からこっそりなのか
ちゃっかりツーショット。
創作面のおはなしまでさせていただきました、ありがとうございます。
 
 
当初四人のはずだった飲み会は七人にふくれ
劇場がどーの、だれの出身団体がどーの、
悪質勧誘につっこんだらどーの、
 
芝居トークと悪質勧誘についての話でほぼ埋まった二時間強でした。
劇場の名前とかぜんぜんわかんなかったけど
みんなちょいちょいわたしの目を見て、ちゃんと会話にいれてくれました。
うれしかったなー。
 
 
今回の照明さんともたくさんのお話をさせていただいて
舞台照明の魅力を知りました。
 
あたしなんかは突然
舞台衣装として芝居の世界にすべりこませてもらったから
この世界には発見がたくさんあるのね。
 
 
そんなわけで
五年に一度のミーハーアクションは
なんとご本人とお話をさせていただくという
まことにハッピーエンドであり、
エンドじゃなく、スタートっぽいかんじなのでした。
 
あしたからまた個展制作がんばります。
 
 
以上、九屋あんずのナイスミドル・ミーハー・ルポでした。
 
 bottun-rank-g.gif
↑ランキングボタンです。
きょうの記事面白いなぁと思った日には、
チラッと押していただけるとなんだか嬉しいです
 
また、季刊誌応募へのメッセージにはできるかぎりお返事を同封しております。

スポンサーサイト

2009.02.08 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。