スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



エックスファイルはモルダーだもんなぁ

ネーゲルって誰だ。
 
こんばんは、九屋あんずです。
ネーゲルって何の登場人物だっけ。CSIベガス?
「ネーゲルは?ネーゲルはどこいった」
「ネーゲルに聞いてみたら」みたいな、音声が頭に流れてるんだけど…。
 
 
江國さんの「間宮兄弟」を最近読んでいる。
「左岸」を中断して。
だって、松子と同じ気配がするんだもの、違うかもしれないけれど。
 
映画「間宮兄弟」は森田芳光監督で
とっても面白く、ずっと観ていたいと思うような作品だ。
佐々木蔵乃助さんのあの顔をもってしても、間宮明信は間宮明信であり
べつだんかっこよくもない。
 
あんなふうに三十過ぎて兄弟で住み
玄関に当番表みたいなものを張っていたら、
そして首のつまった白いティーシャツをおそろいで着ていたら。
 
 
ということは。
 
その逆のベクトルも在り得るのではないかとおもったりするのは
計算高いとか
夢見がちとか
そういう部類に入っちゃう考え方だろうか。
 
つまり、
間宮明信みたいな男も
顔だけ見たらよかったりするんじゃないだろうか。
 
そこから女子の理想へと
改変の余地があるんじゃないだろうか。
 
 
けど、そうではないんだ。不思議なことに。
 
わたしにはやっばりどうしても
自分が違うパーソナリティを持って生まれない理由がわからない。
どうして自分は自分で
あのひとはあのひとなのだろうか。
 
素敵なはなしがしたいわけでもないんだけど。
 
 
間宮明信は小説の中にいるだけで
佐々木蔵乃助さんは彼ではないし、
ましてあたしも間宮明信ではない。
 
特に理由なんかないよ、と言われるほうがいいなぁ。
 
「ワケあってあんたはあんたになったんだヨ」と
神様に言われたら、前世でどんなことをしてしまったんだろうと気になるからだ。
 
 
 
 
第九衛星にて
九屋映画「きょうもきょうとて」第一話配信中です!
 
 bottun-rank-g.gif
↑きょうの記事面白いなぁと思った日には、
チラッと押していただけるとなんだか嬉しいです

スポンサーサイト

2008.12.28 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。