スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



不思議なことに絶望させてくれないものだ

あーちくしょう、と思って泣いた。
 
こんばんは、九屋あんずです。
 
20081126212518
 
椿油の瓶です。
 
ガラスいいねー、描くの。
 
しばらくこうやってガラスに
なんか映ってるんだけど
背景にはそれがない、
みたいなの描かせてください。
 

20081126212512

 
でもこれだと分かりにくかったかなぁ。
ほんとうは写真のように新聞が写ってるのよ。
 
 
さておき。
映画「ハッピーフライト」を見てきました。
矢口監督のティーチイン(舞台挨拶)がある回でして。
 
本編も、最初から鳥肌がたったの、怖いとかじゃなくて
すごく見たかった!
こんなのが見たかった!
という、思いで。
 
脚本の流れにもそうだし、
当初からのウリになってたフランクシナトラが流れるエンドロールでは
やばいなー、映像すきだなぁ、
でも大変なんだろうなぁ、でもまた撮ろう。とか
そうか、そんな描き方もあるんだ!とか
 
もう、いろんな、「はぁ?」みたいな渋い出来事があったってなにしたって、
この世界にいたくなってしまう自分がいて
わー、困ったぜ、と思って、泣いた。
 
 
矢口監督。ユーモラスなひとだった。
人間ってほんの数分で、その風合いが、すーっと出るね。
 
 
 
さて、博覧心中も今週いっぱいでございます。
予告編見てちょっとでも気になったそこのあなた、
ぜひ九屋映画をご堪能くださいませ。
 
 
 
bottun-rank-g.gif
↑きょうの記事面白いなぁと思った日には、
チラッと押していただけるとなんだか嬉しいです

スポンサーサイト

2008.11.26 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。