スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



多事争論、高校生のときすきだった

筑紫哲也さんが恋愛について書いた本、ないかなぁ。
 
こんばんは、九屋あんずです。
いや、なんかね、
彼の本を読めば読むほど、
じゃあ恋愛に関してはどうなんですか、先輩!って聞きたくなるの。
 
養老孟司さんの「困った人」にあった
「夫婦喧嘩での武力行使は、
 最近こっちが負けるので止めにした」みたいな記述にも
けっこう笑っちゃったんだけど
筑紫さんの場合はどうなんだろうなぁ。
 
 
たとえば広重の肉筆画に対して
「あー、この紙に広重が触ったのか」という
タイムラグの脅威と浪漫があたしを襲うのとおんなじかんじで
 
テレビつければ11時代に必ずいた筑紫さんが姿を消し、
それでもなお、
いまこうして書籍の中で再会することは彼に届くようで届かない。
 
 
しかしこうも彼がスローフード推進者だったとは知らなかったですね。
分刻みのジャーナリズムの中でも
緩急を自在につけることのできた、素敵な男性だったようなのだ。
 
 
一緒に何かをしたり、話してみたかった故人はたくさんいる。
 
夢見がちなことを言えば
筑紫さんにお蕎麦屋さんにつれてってほしかったの。
 

スポンサーサイト

2008.11.20 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。