スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



やつれなくてもなんかたべましょう

黒川陽子さん「千稿書いてやつれたい」とかいう志にもう嬉しくなった。
 
こんにちは、九屋あんずです。
いいぞーっ!
やつれたらわたしと美味しいものたべましょう。(←これでカロリーを取り戻すっていう
わたしが陽子さんにしている「なんじゃそりゃ」的な表情を
わたしはわたしで大川さんとかにされている。ようなきがする。
 
 
 
割と、仕事的なあいだがらの人たちに、
真顔で
「あれはオフィシャルサイトですか」
と、ちょろちょろ言われる。
 
ええ。そうですとも。ここがオフィシャルサイトです。
 
このうつけめっ、と自分自身に言ってやりたくなったのは
ネット環境へいままであまりに関心を持ってこなかったことだ。
 
情報が10年前くらいのままよく止まっていられたなっていうハナシである。
 
 
というわけで、近頃のインターネットについて、先進についての本を
ぱらぱらと読んでいるけれど
この手の本が読みにくいのはやっぱり、
紙を媒体とすることを忘れた世界のおはなしだからなんだろうか。
 
お国柄っていうか、媒体柄が出る。
 
 
いまは検索サイトのロボットに拾ってもらいやすくする工夫をしたりするらしい。
それって、ついに、ついにか
ついにロボットの顔色を見るようになったのね
 
いや、正直、ロボットは所詮ロボットなんだしなんて
かんがえていたあたしが甘かったよ。
べつにロボット側に感情があるか否かじゃないんだ
そこに絡んでくる集客力がひとびとを惹きつけてやまないのだろう。
 
 
 
じゃ、集客力があれば
CGの女優とかでも大丈夫だったりするのだろうか。
 
くだんの陽子さんとパセリスの初回公演のとき、
なんかの時間にわたしが彼女に発見報告をしたCG女優について
はなしたことがあったのね
 
ひとりのひとをモデルに、
ある程度の表情からいろんな表情を人工的に作るっていう。
 
よs「あれ外国人だから、たくさん元の写真が要るんでしょーね」
あ「あー。たしかにぃ。表情が大きい。」
よs「なんか日本人なら、一枚とかでイケそう」
あ「ぎゃー」
 
だからああいうので済むなら、どうなっちゃうんだろうっていう。
女優さんの実働時間だって短くなる。
若い一瞬の写真が残っていればもういいのかもしれない。
 
「今が一番だから撮っとこうね」なんていわれたら
次の一秒から、わたししんでもいいや。
 
 
 
けど、ロボットはやつれたりなんかしないから
やっぱりあたしはにんげんのほうがすきなんだ。
 
逆にロボットに、故意に狙ってやつれる機能がついたら、ちょっとすきになる。
でも元気になった途端、
ポンプかなんかでほっぺたがもとにもどったらサイテー。
 
心理変化が徐々にからだに出るところがだいすきなのに。
 
 
 
■ポストカード販売のお知らせ■
 
九屋あんずが今夏ギャラリーユニグラバス色紙展に出展いたしました
「おんな九八宮」のポストカード販売をいたします。
 
九屋史上類を見ない妙作・「おんな九八宮」をポストカード化いたしました。
 
詳細はこちら

スポンサーサイト

2008.09.16 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。