スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



定期とか安い鏡とか、学ラン

総じて日に焼けた。きちんと元に戻るだろうか。
 
こんばんは、九屋あんずです。
ながく疑問に思っていたことがある。
それは、男子の学ランの、えりについて。
 
 
何度見かけても、
あの学ランの硬そうなえりの下にまたワイシャツを着ている。
えりが二重!そんなまさか!
 
ごわごわしないのかよ、と。ずっと思っていた。
 
そんなごわごわするものを成長期の人間に着せるはずがないとも
何故だか、かたくなに信じたかった。
 
それを佐々木さん(パセリス主宰)は
あっさり「そうだよ、ごわごわするよ」と肯定した。
 
かくて、わたしの知識は変わった。
学ランのえり事情は一点のくもりもなくごわごわしていたのだった。
 
 
 
制服を着ているようなころは
なんだか持ち物のバライエティがなかった。
 
みんながそうだった。
それでも自由になりたかったから、
それぞれスカート丈やら持ち物やら個性を身につけたくなるんだ。
 
それでも、結局なにをもっていても
夏の徒歩や、プールや体育、時間割にさらされていて
みんな不自由だなぁと思っていた。
自動販売機でなにか買いたくても十円しかないときのようなこころもちだった。
 
それはたぶん、実際一万円を持っていてもそう思ったと思う。
 
 
いまのわたしは、お財布と携帯しかもっていなくても
なぜだか極度に自由で、だから卒業して良かったと思っている。
 
 
 
あ「じゃあ、たまにTシャツとかきてる男の子はなんなんですか」
佐s「たぶん違反」
 
そうらしい。
違反してる男の子達の欲求は正しい。
 
べつにわざわざ、ごわごわすることないじゃないの。
 
 
以下、メッセージお返事です。


slashさん
 >「泣くな,弁慶」が,数あるテンブレートの中で色合い,イラスト,構成がピタリとはまり,
 >使用させて頂く事にしました。どうぞよろしくお願いします。
 
 メッセージありがとうございます。
 弁慶女史の朱色はとっても気に入っています。
 わたしの好きな色のなかでも指折り。
 
 是非末永くお役に立てればと思います。
 ありがとうございます。

スポンサーサイト

2008.07.29 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。