スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



ユニグラバスもパセリスもスで終わるね

椎名林檎さんの「映日紅の花」がなんともなくふいに、唄えるようになった。
 
こんにちは、九屋あんずです。
2008年下半期の目標を決めてみた。
 
「鬱屈しない」
 
鬱屈って言うのがポイント。
落ち込んだり、悲しんだり、泣いたり、反省したりはしたいのね、
でも鬱屈しない。
そういうかんじの、ななめした方向の陶酔が単に愉しくなくなったのだろう。
 
 
ユニグラバスの「掌展」たなごころてんと読みます。に、
伺って、ギャラリストさんとの会話で、おおいにわらった。
爆笑しちゃった。
すごく年の離れた大先輩のかたとのお話でも、おおいにわらえることがわたしは好きで。
 
最近、そういう展示する側の、
担当の方とかギャラリストさんとかにやたら甘えている。
担当さん変わるとかそういうニュースに、いつぞやは泣いたりもした。
 
有り難い。
 
有り難いよ、パセリスの稽古とかに居させてもらえるとか。
現場っていうかんじなんです、すごく。
そこで作られていくし、ある種、工事現場。演劇っていうビルヂング。
 
稽古場でも笑ってばっかりいるわたしは果報者。
 
 
 
考えたら鬱屈なんかしていられないのだ。
でもすごいよ、なんか時折くる鬱屈は
どんなに忙しくてもするするっと入り込んでくるじゃないですか。
 
脱・鬱屈。
 
 

スポンサーサイト

2008.07.14 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。