スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



お別れについて思うこと


次いつ会うのか判らない別れは、寂しくなんかない。
 
はい、こんばんは、九屋あんずです。
きょうは数年ぶりに友達のゆかりに再会しました。
 
 
わたしは本当は泣きたいのに泣かないからもらい泣きする、姑息な便乗タイプなので
 
彼女の再会の抱擁と(ぎゅううっていうあったかい人間のちから)
涙にふつうに泣けちゃったのでした。(もっともの凄く泣けるようになりたいと思った)
 
こんなふうに再会を喜ぶことが出来るなんて
なんて素敵な人なんだと思った。どうもありがとうね。
 
 
 
いろいろ話をしていて、
どうもわたしの人付き合いには「旅は道連れ」的な傾向があって
 
ゆかりには「別れとか寂しくないの?」と聞かれ
事実わたしはおどろいた。
 
 
恋愛だけじゃなく今まで沢山の人や物や思い出と別れてきて
たしかにいま手元にはほとんどなにもないし、
それはそれは淋しい女だけれど、
 
そのときそのときの別れにあたしは、大概、満足してきたと思う。
 
 
それはあたし以外にも人間が生きていることの印であり、
そのなかであたしと相手の擦りあう時間があったことの証拠であり、
 
へんなことだけれど、
自分という旅館からお客様を送り出すような気持ちなのだ。
 
 
 
だからときどき手紙を送ったりすることはとても肝心で
すごく健やかなことで。
 
だって、別れは元来せつないから、
ときおりの連絡なんかは、ほんとうは活字で済む話じゃないと思っている。
 
 
 
繰り返しになるけれど、
別れは元来せつない。
 
けれどやってきてしまうものだから、だからいいのだ。
 
永遠にいつも会っていたい相手は
永遠にいつも会える相手じゃないのだ。
 
永遠にいつも会えないから
「時を心に留めておきたい」と願うのだとおもう。
 
 
 
これからも沢山の人と別れるだろう。
そのとき泣いたりするかもしれない。
 
しかしながら次いつ手紙を出そうかと、一方でわくわくしてもいるのだ。
 
(二度と会えないならば、その手紙をださないまで。
 或いは、思い出の日と場所をのこし、毎年訪れたりします。)
 
 
 
(さっき投稿したのにうまくでてないのでもう一度

スポンサーサイト

2008.06.25 | | 思いこぼれ



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。