FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



九屋あんずの題と解

横に働くパワーは「みなぎるちから」だ。
 
こんにちは、九屋あんずです。
理科はさっぱりわからないんですね。
(題と解って使ってみたかっただけです。)
 
 
そんなわたしの珍解答を期待して高校生が聞きにくるんです。
 
 □→
 
箱をひっぱってるらしい矢印の力のよこに空欄があったりして
わたしは迷わず答えるわけです。
 
「ほとばしるパワー」か「みなぎるちから」だよ。
 
 
誰かが箱を押してたりしたら、あながち嘘じゃないと思う。
まさしく「みなぎるちから」じゃないですか。
 
 
 
こういうことを考えていたのは高校生のときで
いまはそれを思い出して言ってるだけなんですけど。
 
高校生のとき、何を考えていたのかさっぱり思い出せない。
 
日記があって
確かにそこには高校生のわたしがたくさんのことを考えて
一日何ページも日記を書いているし
言いたいことももっとその奥の感情も、ちゃんと判るし、
いまのわたしは過去のわたしのわりとよき理解者だとおもう。
 
けれど、
全部精神的な話で、実際どんなことをしていたのかはさっぱりわからない。
 
 
どんな授業を受けていたのかも覚えていないし
正直なにクラスだったのか、とか
誰と隣になったのかもおぼろげ。
 
 
覚えているのは、
近くの席の友達が何か隠して笑ったときのその一瞬とか
博学は美徳だなぁと思わせてくれた先生の無表情とか
それぞれの教室を歩いたときの、それぞれの足音のひびきとか。
  
 
印象的なことは全部、
精神に直接ふれてくる一瞬ばかりで
具体的な日々なんてたぶん
そのときも覚えてなかったんだとおもう。
 
きょうなにするか
あしたなにするかはあまり問題ではなくて
毎日が同じ思考で数珠つなぎだったきがする。
 
 
そんなことばっかりしていたから
勉強なんてもちろんしなくて、そのちょろまかしの果てが「みなぎるちから」なのだ。
 
それでひとがちょっと笑ってしまう、その一瞬の緩和がすきだった。
 

スポンサーサイト

2008.02.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。