スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



くだらな研究「右京さんの乗ってた飛行機の座席が古すぎる」

これ、もとはフェイスブックで書いてたんですけどこっちにも掲載。一部改訂。
内容はかなり馬鹿ですよ。
あんまり下調べもせず書いてますよ。それを踏まえたうえで笑うためにどうぞ…

●問題提起編
【今後、飛行機のビジネスシートのシーン撮るなら】
相棒の話になったので、無粋なこと言わしてもらうと
右京さんの乗ったビジの座席がめちゃ古い!

これ
右京さん


イギリスならブリティッシュエアウェイズだけど、
BAは世界で最初にフルフラットを導入した会社だし、
成田就航の右京さんが乗りそうな会社も長距離ならほぼフルフラット。

シートピッチからみてプレエコでもないし、ましてエコでもない。
新聞のサーブは何きっかけかによるから何とも言えない。
飛んでるぽい、CAさんが歩いてるとこ見ると離陸後のサーブだね。
ビジのイメージで撮ってるんだと思うけど、
いまや国際長距離最先端ビジはあんな横並びではなく
ヘリンボーンかスタッカードかの各社の熱い戦いなんです。

何がいいたいかと言うと、ビジ撮るなら、もうそういう座席セットをどこかが用意すべき時がきていると思う。
用意したもん勝ちだと思う。

(シェルシートでもないビジということは中距離? 香港だっけ?へ行ってカイトくんの思い出に浸る? まさかなー。
だとしたらキャセイパシフィック中距離がイメージに近い)

あら、オタク性がでてしまったかしら。語りたいのたまには。
これ全部わかった方、今度わたしと、Finnair導入の新機材と、プレエコの質(特にマリメッコのアメニティポーチの柄が青い丸柄の一択である点)について、語らいませんか。笑

●勝手に結論編
【右京さんの飛行機(ずっと考えてた】
以前、相棒のラストを見てあんな長距離国際ビジネスクラスはもうないよ!と投稿しましたが、
ではどういう結論になるかというと…

行き先が彼お気に入りのイギリスと仮定した場合:

①時間を超えた
イギリス直行便といえばブリティッシュエアウェイズ。好きそうだよね、右京さん。
BAが世界初のフルフラット導入社だということから考えると、
傷心のあまり機内でだけ10年くらいタイムスリップしたことになる。
(新聞サーブも右京さんが断っているところを見ると、
彼が呼んだわけではないのに薦められたということになるのでビジだろう…)

②中距離便ビジを乗り継ぎ、かつ古い機材の便に当たりまくった
成田からアジア圏へ飛び、そこから中距離ビジを乗り継ぎまくり、
ヒースローに到着という18切符パターン。
しかしこれも油断してあまりに小さな飛行機に乗るとあんなビジは存在せず、
だからといって大きいうっかり最新型に乗ってもフルフラットになりかねないのでダメ。
超狙って乗り継げば可能。時間を超えるよりは現実的。でも意味不明。

③時間を超えた その2
あれが、もし、エコノミーだったら?
つまり、エコノミーがあんな広い素晴らしい飛行機が開発される未来があるとしたら…?
えぇそうです。右京さんは傷心のあまり未来へ飛んだことになります。
ちなみにいま本当にCGで完成予想図が作られてる未来の飛行機は、上位クラスの天井がシースルーです。

スポンサーサイト

2015.05.02 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。