スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



てめえで何とかする大人

最近知った言葉で
「責任とは、他人の充足欲求の邪魔をしないで自分の欲求を満たすこと」
というのがあって、考えさせられた。
 
早い話、
誰かになんとかしてもらおう、ましてさせようと思うな、
原則てめえでなんとかしろということだろうか。
 
 
ごもっとも、たとえば恋人がいないとき淋しくなったら手前で何とかするしか無いし
それが自立というものだろう。
確かにわたしの恋人は「ついているよ」と言ってくれるし、
非常時に(というほどのあれでなくとも)わたしを助けてくれる。
 
それだけじゃない、親、福祉、救急車、ありとあらゆるものが
非常時、おちてくるわたしを受け止めてくれるセーフティネットになり得るかもしれない。
それは有難い。有難いのだ。
 
 
たった一人で明石に住む祖父が家にセコムをつけているのを見た。
スイッチを入れると「安心してお休みください」と言ってくれる。
 
セコムは非常時には助けてくれる。
でも祖父が一人で暮らしている、ほんの些細な寂しさとか、そういうのは
セコムは助けてくれないんだよなぁ、とぼんやりと思った。
かといってわたしも、父も、常に助けることができるわけでもない。
 
やっぱりそこは祖父も手前で何とかするのだろうか。
そう想像すると、なんだか気持ちがざわざわする。
 

これが生きるってことなんだとしたら
こんなの切ないと感じるわたしは甘ちゃんだろうか、贅沢だろうか。
些細な事でも助けて欲しいじゃないか、あれやこれや。
 
 
とはいえ、
絵を描いて、本を読んで、せっせと掃除をして
涙を拭いて、ごはんをたべて、お風呂に入って。
つつがなく手前でなんとか仕切った一日は、悔しいことに大人になったような気分になる。
 
 
参加してみました、よかったらポチッと!

人気ブログランキングへ
 
title.jpg

スポンサーサイト

2014.01.07 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。