スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



恥じらう本棚

前の記事で、わたしに第二次乱読期が来ているという話はしたと思うが
そのラインナップを明かせますかというととてもできない。
 
 
たとえば結婚観の本を読んでいたとする。
 
第一次乱読期は18歳の時だったから
読んでいる本を人に見せても
「あらー、18歳なのにこんな真面目な新書読んでるのね」的な
特に年上からはちょっと笑いにつながる感じで
こっちも「そうなんですぅ」とてへぺろしていた。
本をよく読んでいること自体自慢だった。
 
ところが25の今、結婚観の本を読んでいると知られると
「ややっ、この子意識してるのね」的な感じになるだろうし
いや別に、結婚の本だけでなくとも
お金の本、生活の本、メンタルヘルスの本…
なんであれ、25の女が読んでいるガチ感は否めないような気がする。
 
大人であればあるほど
真剣に読んでいる本に漂うガチ感は、ガチ感というより、ガチなんだから
なんだかちょっと秘めたくなる。
 
 
Kindleで読んでると、触ったことない人から「見せて」と言われるだろうけど
そこにはわたしの無数のガチが詰まっている。
というかそれを見せられた方も、反応に困るかもしれないし、
そこは大人の恥じらいとマナー。なのかは謎だけど
サッと「吾輩は猫である」とかを開いて渡してしまうと思う。
 
 
そう考えると
はぁ、電子書籍にしてよかった。
これならだれと住もうが結婚しようが、
鍵のかかったKindleの中に本棚自体をしまっておける。
 
本の量と内容で胸を張るときじゃないのだ、もう。
そこは恥じらうのだ。
 

参加してみました、よかったらポチッと!

人気ブログランキングへ
 
title.jpg

スポンサーサイト

2013.12.18 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。