スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



絶対に飛び出ないとマズい作品

アバターって、とにかく
「3Dだ!きれいだ!」
っていう宣伝のされ方をしてたじゃない?
それで、あーやっぱり珍しいしね人気あるんだなぁくらいに思ってて
わたしは観なかったのね。
  
なんだけど
こないだアバターを、初めてテレビで観たのね。
とっても綺麗だし、これ3Dで大画面で観たら楽しかっただろうな、と思ったけど
 
それだけじゃないじゃん、全然!とおもってびっくりいたしました。
 
 
設定、たとえば車いすの主人公が、アバターで走れる喜びを手に入れる!
という時点で、すっごくひきこまれるじゃない。
というかむしろ力が入っているのはその主人公の心の変化とかでしょ?
そこをもっと宣伝したらよかったのにって思ったの。
 
飛び出るか飛び出ないかを問わず
面白い、斬新なお話じゃん。
というか、つまんないお話だったら飛び出てもつまんないわけで
やっぱりアバターは話が面白いから売れたのかなぁと思ったの。
 
 
そうなると
3Dって、今の状態よりももっと驚く使い方、きっとあるよね。
 
わたし3DS持ってるけど、結局2Dで遊んでるんだよね。
それは、どうぶつの森が飛び出ても飛び出なくても、
物語自体が面白いからどっちでもいいんだよね。
 
これは3Dじゃないと意味がない、みたいな作品が出てくると
また違った世界が見えてくるんじゃないかな。
 
なんか思いつかないかしら、わたし。
 
 
IMG_2066.jpg

スポンサーサイト

2013.01.15 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。