スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



映画「大奥~永遠~」感想 ネタバレ有り

男女逆転してるのもしてないのも、
大奥とつく映画は
全部映画館に観に行っていることに今気がついたよ。笑
 
大奥ものの面白さっていうのは
策略とかもそうなんだけど、そこに情が混ざってくるのが大きいよね。
権力を得るためにはこうしなきゃだけど
実際はこんな情が生まれている…みたいな。
 
しかもさ、普通のドロドロと違うのは
徳川家と日本の存続のための部署なわけだから
ピュアに愛しあって駆け落ちとかできないわけじゃない?
 
そんな簡単な話じゃないからみんなどこかでこらえて、
妥協点を探っていくドラマも垣間見えるじゃない?
 
それが大奥ものの良さだとわたしは思ってます。
 
 
以下、ネタバレあります。ご注意を。
 
 


本年、初映画は「大奥~永遠~」でございます。
 
 
綱吉は結局、だれが最もすきだったんだろうね。
お伝だとあたしは思うんだけど。
あそこまでいってしまうと、顔が綺麗とかそういうことってもうなんでもないじゃない?
博識かどうかも。
そういうときにあのお伝の押しが、ぐっときちゃわなーい?
 
要さんのお伝の方よかったよねぇ、すごくピュアでちょっと馬鹿で。
エスな意地悪キャラみたいな役でよくみる俳優さんだから新鮮だったなぁ。

お伝の方はフジテレビの大奥のほうでは小池栄子さんがやってたんだよね
やっぱりちょっと不器用な感じのキャラで。
 
 
あと吉保のブレない怖さもよかったね
ああいう女の人が政治の世界に欲しいというか
存分に策をめぐらして、男ウケとかどうでもいいのに綺麗、みたいな。
 
吉保が綱吉の立場だったらまた話は全然違っただろうね。
 
 
堺雅人さんの、有功さまとの演じ分けはやはり素晴らしかったなぁ
話す速度も全然違うし、歩く速度も。
みんな思っただろうけど、まんじゅうをたべる速度もすごかったよね。
 
右衛門佐みたいな、ザ・切れ者イケメンっていうのは
ずるいよねー。
誰も勝てないじゃない?特に大奥みたいな策略したもん勝ちな場では。
 
そんな彼が、恋をしていた!まぁ素敵!
 
というくだりを、もうすこし感じる展開であってほしかったなぁ。
結構突然「好きや」になっちゃったから
原作にはないけれど、
少しずつの気持ちの盛り上がりの描写とかを映像にいれておくと
もっともっと面白かったんじゃないかなとおもいます。
 
 
さて、今年初のMVO(Most Valuable おじさん)は

老けた後の右衛門佐です!

あの白髪混じりの感じといい、いざというときは剣の腕もたつのね、というところといい
若々しさはちょっとないけど、すがるような感じのラブシーンといい…
 
いやー、老いってほんとにうつくしいですね。(映画ってほんといいもんですねの感じで)
すばらしいおじさまぶりでございました。
 
原作のつづきも楽しみです。
 
IMG_2262.jpg

スポンサーサイト

2013.01.10 | | 本・映画・ドラマ・舞台の感想



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。