スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



エンジョイ生理

生理、および生理痛を楽しむ方法を開発しつつある。
 
 
風邪についてはわたしは
すでに楽しむ技術を持っているという自負がある。
 
悪寒がする!と思った瞬間に
今までの手洗いうがいというサバイバルをくぐり抜けてきたウィルスとの
戦いのゴングがなるのである。
保温、発汗、風邪薬、睡眠、りんご、水分補給…
とにかく手を尽くしてそのウィルスと戦うのが、楽しいのだ。
 
しゃがれ声が残ったら「今回の敵は強かったな…」としみじみするし、
一晩で治してスッキリ出かけることができた日には完勝である。
年に何回かの一大イベントなのだ。
 
楽しい。
 
 
これを生理に応用できないものだろうか。
わたしがかつて生理痛が楽しめなかったのは、あまりに戦況が不利だったからだ。
いつくるかわからない、知識がない、きたら痛くて動けない。
 
ところが内膜症の治療としてピルを飲んでから
やつらが来る正確なタイミングが把握できるようになった。
これは時の利!
孫子兵法も言ってたじゃないか、まずは敵を知ること、そして地の利を得ること。
 
体を温める準備とかその他便利グッズを揃える。
これが地の利!
 
さらにさらに、ドライマンゴーで繊維質を、ヨーグルトで乳酸菌をとっておき
体全体を、対生理痛用に整えておく。
こんなことをして一週間前くらいから虎視眈々と生理に備えると
 
楽しい。笑
 
 
文字にするとすごい馬鹿っぽいけど、
精神とか神経とか、原因が目に見えない部分を患っていると
風邪とか生理とか内膜症とか
何がどう悪いのかわかりやすいものに関しては徹底抗戦したくなっちゃうのだ。
 
ツイッターとかフェイスブックとか見てると
生理きた…って沈んでる女の子も多いけど
打つ手はあるぞ、楽しめるぞ!
 
そして男子、この苦労についてはしっておくべきだぞ。
 
IMG_1245.jpg

スポンサーサイト

2012.07.20 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。