スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



夢の中へ いってみたいと おもいますけど

つらい事が、うわっとあるわけですが
その中でもすこしでも笑っていたいわけですので
「おやすみシーツ」の話をしていいかな。
 
 
これなんですけど。

デュラララ!! おやすみシーツ 折原臨也デュラララ!! おやすみシーツ 折原臨也
(2010/11/06)
ブロッコリー

商品詳細を見る

なんか沢山種類があるようなのです。
 
あたしはとにかく、この存在を知ってカルチャーショックを受けた。
これは・・・これは、つまり何が満たされるの?
なんか逆に自分が3Dであることが悔しくならないか?
 
 
さらに、
口コミとか見ると「枕で顔が隠れる」という根本的な問題が発生している。
キャラクターが窒息しちゃう。
でも枕より下に相手がいたらなんか変だもんね。
で、その打開策として書かれているのが「シーツの下に枕をしく」。
なるほど。それで彼を若干3Dにめり込ませることができるわけですね。
その上でのこのポーズなのかな、腕枕になんのかな。
だけどさぁ、だけど。
 
これ・・・おやすめる?の?
おやすめるんだとしたら、それはすごいことである。
次元をこえてぐっすりなんて、
不眠があるわたしとしては医療を超えてるようにも感じる。
 
 
いわゆるイタいと言われそうな妄想に関して
なんとなく羨ましいのはわたしだけかな。
仮に頭の中であっても飛び立ってニコニコしていられる時間が多ければ、
結果、現実でも幸せになれる気がするのだ。
 
人様の迷惑にならない想像の世界で
堂々とイケメンやらロリやらを存在させることの正直なかんじは
あれはなんなのだろう。
 
 
だけどたぶんだめ、わたしはこれじゃ夢の中に飛び立てない。
温かくないのと、そもそもこのプリントされたイケメンが誰だかわかんない・・・。
スポンサーサイト

2011.05.08 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。