スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



サンバイザーの先端を口にくわえたロボコップみたいなおばさんがチャリ乗ってた

悲しかったことをつづるのは基本なしにしている。
 
こんばんは、九屋あんずです。
ネットでは、悲しいことは外国語でしか残さない。と、決めた。
今決めたばっかなんだけど。
 
日本語だと主観をどんどん交えて、
どんどん不幸っぽく書けてしまうから、いくらでも。膨れるから。
多少不器用にしか表現できないくらいの方があたしは気に入っている。
 
 
そしたら
はるかオーストラリアから、スオメアのTがなぐさめてくれた。
正直ぜんぶはわかんないんだけど、
読めば読むほど泣けてきちゃう文章だった。
 
彼の半分くらいしか量を書けなかったけど、
とにかく、ありがとうと敬意をこめて返信した。
 
 
たぶん、ネイティブからみたらあたしはずいぶん原始的にしゃべってるだろう。
語学堪能ペラペラって確かに憧れるんだけど。ねー。

スポンサーサイト

2010.05.27 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。