スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



なんだったのかなぁ、あのハートマーク

ぢいさんばあさん。
 
こんにちは、九屋あんずです。
だめね、たのしくても、自律神経がぐわんぐわんしてるのがわかるから
ちかくでヨガ教室行こうと思うんだ。
 
 
あたしのおばあちゃんは料理がはてしなく上手い。
濁っていないけんちん汁をつくり、
おせちだってもちろん作ってくれる。
 
悲しいかな母にそのDNAはいっさい感じられず、
あたしのお裁縫やら、料理やら、クリエイション方面は
すべて隔世遺伝だといわれている。
 
 
あたしの記憶の根元からたどると
いつ見てもおばあちゃんちの冷蔵庫は乗車率150%くらいだ。やばい。
でかいバニラのレディボーデン、でかい三ツ矢サイダー…
何度聞いたか分からない。「ねぇ、二人暮らしだよね」って。
 
ちょっと掘ると化石がでてくるような感じだった。
これ以上カピカピになれませんみたいな限界干物が出てくる感じだった。
 
 
ところが数年前、キッチンを改築した。
チャッカマンのパワーを借りないと着火しないガスコンロじゃ
いかんと思ったのだろう。
 
改築して結構経ってからあたしは見に行って、
いやー、まー、モデルルームみたいな仕上がりで。
で冷蔵庫開けたのよ。
 
…相変わらずの乗車率でありました。何か隠れて飼ってるとしか思えない。
 
ていうか、どの引き出しを開けてもその中身はやっぱり元のまんま
懐かしい感じで。
そーゆーものなのよねぇと思った。
 
 
あたしがあの歌舞伎座で最後に見た演目は「ぢいさんばあさん」だった。
同じバイトの年上後輩(これまた180cm超え)と二人で幕見して。
チケット並んでる時に
 
あ「この建物、梁の所の装飾がハートマークなんですよ」
彼「おー、ほんとだ!」
あ「なんでだろ」
彼「…そこの案内してる人に聞く?聞く?」
 
で、聞いてくれたの、「あのぉ、あそこ、ほら、ハートマークじゃないですか…」って
そしたら案内役のおじさんも初めて気がついた、ということだけが分かった。
 
「ぢいさんばあさん」にでてくる勘三郎さんは悪役なんだけど
悪役を演じきる格好良さを俄然披露して去っていったのね。
すごいと思ったんだ。
メディアをあまり信じてないあたしも、勘三郎さんのすごさは信じている。
ストーリーも森鴎外原作だったかな?現代人にも分かる笑いが多かった。
 
 
あたしのぢいさんばあさんもまだまだ元気で
レディボーデン食べてるから、
もっとたくさんを知りたいから、また遊びに行こうと思うよ。
 

スポンサーサイト

2010.05.02 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。