スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



『男性は三〇代からが格好いい論』

以下の内容は、九屋あんずの勝手な論理であります。
 
 


わたしが勝手に思うに、
 
男性は二〇代前後のうち、吸収するのである。
知識だとか、お酒の頼み方だとか、先輩とかの生き様を吸収するのである。
 
頭の中にそれぞれの野望とか夢とか
ちゃんと考えているもの、憧れていることはあるんだけどなぜか表面には現れにくい。
活動とかしていても、なんかそういうオーラを纏う前に別のことを吸収している。
 
それはたぶん、
単に経済的余裕の問題だったり、精神的余裕の問題だったり、
もっとなんだりかんだりあるのだろうが、
少なくとも、有り余って誰かに与えられる状態ではないのだ。だってインプットしてるから。
 
 
ところが三〇代前後になった時、
なぜだか彼らは自分がこうしてみたかった、みたいなことをやるようになる。
今までやっていたこととは別のことをスタートしたりする。
すくなくとも二〇代のころと比べて自分を出すことに意欲的になってくる。
 
仕事、趣味、キャラクターも、はっきりしてくる。
ポリシーがなんだか出来てくる。本音がなんだか分かってくる。
女子に与えられるものも格段に増えてくる。それは物ではなくて、精神的に。
物にしても、与えるのが好きかどうか、見えてくるのではと思う。
 
それは多分、
時間的円熟もそうなんだけど、
自分が受信側から発信側になるよう社会から迫られるからなのではないだろうか。
あるいは、三〇をそもそも頭のどこかで転機と考えて
知らず知らずに自分を出していくのではないだろうか。
 
 
逆に言えば、
二〇代の男性が自分はこういうキャラクターだと決め付けてしまったり
自分が見えないみたいなことで悩んでいると時間が凄くもったいないし、
三〇代以降の男性が「もうおじさんだから」とか言ってるのを聞くと悲しい。
 
三〇代からが、一番輝く時なのに。とか、思う。
 
 
じゃ、二〇代はしょぼくれてんのかというと、そんな訳も無く。
 
男性が三〇代になったとき、
なぜだか周囲は彼からの発信を求める。
(彼らはもう二〇代からしたら先輩なわけですし) 
そのとき大切になってくるのが二〇代のとき重ねたインプットであって、
それが希薄だとバッチリ形になって世に出てしまうのだ。
 
だから二〇代男性はインプットすべき時期であり、
そこから沢山のものをザクザク女子が得ることは稀だ、と思う。
 
 
ときどき見かけるけど
自分が今、誰かに何かを与えることができる状態じゃないことを知っている二〇代の男性は
とっても賢いように思う。
自分を何度も疑って、確認できるのだろう。
 
じゃ、そういう賢いひとが三〇才になるのを
女子が待てるかっていうと、また全然違う話になってきますけど。
 
 
って、勝手に思う。

スポンサーサイト

テーマ:男と女 - ジャンル:恋愛

2009.12.09 | | 未分類



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。