スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



建立三ヶ月記念!

さっきまで
オオツ大臣と音楽御殿の収録。

大臣のシルクハットsmall
★Podcast「大臣・九屋の音楽御殿」
 音楽・芸術情報番組。
 
番組開始三ヶ月。を、記念してポップコーンを作った。
 
恋人と三ヶ月を祝うのはなんかアレだといいつつも
御殿が三ヶ月続いたことは祝っちゃう。
しかもわたしが作るのを収録しちゃう。
これで一本分とれちゃうとか思っちゃう。
 
なぜって
わたしも大臣も、仕事がありつつの御殿の構成・収録・編集をしているわけで
こんなにコンスタントに続けられることがもう、快挙なのだ。
 
収録日だって、月に一度確保するのがやっとなのだ。
 
 
だからこその、
貴重な収録日・・・ああう、暴走してしまった。
婚約指輪について超熱くディスカッションしてしまった。
 
あれは放送するのかしら。
しないのかしら。いや、最初に判断するのはわたしなんですけど。
 
白熱しすぎて、反省。
だめよ。わたしの闇シリーズは笑えない系だから、だめだわ。
 
 
しかし
いただいたおたよりを読んだりするにつけ、
芸術ニュースの情報をいただくにつけ、
この三ヶ月のコンテンツを支えてくださった方々がいることに
深い感謝と驚きで、はしってこれたので。
 
祝っちゃう。
 
IMG_2813.jpg

スポンサーサイト

2013.04.15 | | 日記



でもつけまは好きじゃないなぁ

常日ごろ思っていることなんだけど

特に 
「美人になりたい!」って
強く思うときがあって、ほんと単に綺麗な女優さんを見たときとか。
 
 
だけどその美人というのは
生まれた時からの美と
生まれたあとの美との、二重構造だとあたしはおもってて
 
とはいえ、生まれた時の美とは大きいものだから
ひとって内面よね、とかは言えない。
内面からどんなに美しさが滲み出ていても、
それだけに頼るほどその美は人に届かないし、届くとしても待ってらんない。あたしは。
 
美人がちやほやされて、イケメンが黄色い声をゲットしてる真実を前に
そんな悠長なことは言えない。
 
ずっとその、生まれた時の美醜のどうにもならなさについて考えている。
自分の顔をうけとめていくひとの格好良さもある。
けれど整形したい人の気持ちもわかるし、それもまた道だ。
 
だから、どのみち、自分の顔に対する姿勢が
広い意味でのその人の「顔」というか、そうおもう。
 
 
自分がなりたい美人ってなにかっていうことを
ちゃんとわかっておく、おぼえておくっていうことは大事だ。
 
何も考えず、つけまつけりゃいいってもんじゃない
つけるんならポリシーをもってるほうがいいし
すっぴんならすっぴんのポリシーをもってるほうがいい。
 
たぶん。ていうかそのくらいしか打つ手がないから、
丁寧にしようと思う。
 
 
IMG_2329.jpg

2013.04.06 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。