スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



わたしにとって今年は、試練の年でした。
 
ひとりで生きるということの何たるかを
あまりに残酷なかたちではありますが、この一年でいたいほど理解したことは
わたしが強いおんなになる上でかかせないことのように思えます。
 
 
同時に、わたしが奔走する姿を見守ってくれる
多くの友人がいることを学んだ年でもありました。
何度も何度もわたしを甘えさせてくれた方々がいたから、
やってこれたように思います。
 
 
振り返れば涙の出ることばかりでしたが
同時にすべてがありがたく
こういう年を経たことをなんとなく誇らしく思います。
  
 
このブログを今年も読んでくださったみなさまにも
心から感謝しています。
どうもありがとう。
 
それでは、よいお年を。
 
 
2012 12 31 ここやあんず

スポンサーサイト

2012.12.30 | | 日記



【韓国語】 はっきり発音しちゃだめらしい

つづけてます、第七外国語・韓国語。
韓国語やってない人にも面白い記事作りを目指してますので読んでみて。
 
 
わたしの韓国語の先生はまだ10才にもなってないのですが
こないだ一行日記を読んだら
 
先生「あのね、そんなにはっきり発音したら駄目なの」
ここ「え、だめなの」
先生「なんかもっとね、適当に!」
ここ「ほう」
先生「そうじゃないとね、変な発音だねって言われちゃうよ」
 
と、熱いご指導。
先生はネイティブに近いバイリンガルでいらっしゃるので
よりわたしがハキハキはなすのが変に感じるんだと思う。
 
 
でもたしかにねー、チャングムを観てても
勢い良く喋ってるけど
じゃあカキクケコとかそんなにはっきり言ってるかというと
そうでもない気がする。
 
イタリア語とかは結構子音が強めだよね?
マンジャーレ、カンターレ、パローレェッ!みたいな。(食べる、歌う、話す)
強めに言わなくてどーするのよみたいなところあるよね。
 
中国語は最初の一文字がはっきりしててあとはぼかす感じ。
シャーォ、みたいな。(こんばんわ)
 
韓国語は「ル」っていう発音がほとーんど聞こえないなんてこともある気がする。
ふりがなは、ルルって書いてあっても、先生に言わせると「ルー」らしい。
 
たしかに韓国語の教本(まだ買ってないけど)を見ると
どれにも
「一応書いてあるけれども、カタカナじゃ発音が表せないっす、
 限界っす、だからCDきいて」…みたいな注意書きがあるのよ。
そのくらいグレイな発音なのだ、たぶん。
 
まぁそんなこといったら、日本語も「おおおかえちぜん」は「おーぉかえちぜん」程度だよね。
  
 
と、言うことは、よ。
韓国語を聞き取る際はその曖昧なかんじを聞き分けることになるんでしょうか。笑
 
ま、いっか。
 
あとさ、韓国料理で、お箸とスプーン使い分けるじゃん?
どれをどれで食べるかってどういう基準なんだろうね。
ドラマみてていつも、「そ、それはスプーンなのか…」「えっそれは箸なのか」みたいに
びっくりしてるのはわたしだけでしょーか。
 
 
IMG_1937.jpg
ヨーガ、ウルじゃなくてルルねここは。間違ったまま撮影してしまってる。

2012.12.30 | | 外国語学習



Kindle Fire HDを触ってみた

Kindle Fire HDをね、
こないだ、初めてビックカメラで触ったのよ。
 
 
どんな電子機器さわってもだいたい思うことなんだけど
重くない?笑
 
もっというとさ、展示品を盗まれまいとして
なんか最近、機械の裏に電話のコードみたいな
くるくるしたヒモみたいなのついてるじゃん。
あれの引きが強くない?笑
ていうかあれの引きが強いせいで、正しい重さがわかんなくない?
 
まぁわたしの力がないだけでしょうが
うーん。重いと持ち歩く気が起きなくなっちゃうからね。
 
 
わたし的に重要な点はそこなんですよ、重いとかかさばるのが嫌。
化粧品とかもあれこれ持ちたくないし
カバン自体が重いのもありえない。
家でハードカバーよむのもちょっとやだもんね、重いから。
 
と、いう人間には、カラーのやつじゃなくて、paperwhiteがいいのかなぁ。
モノクロで、電子辞書が綺麗になったみたいなそんな感じの軽いやつがあるのです。
 
でもねぇ容量を増やせないから漫画とか読みだしちゃうときついのかなぁ。
 
 
というわけで、もうちょっと悩むぜ、電子書籍。
今気がついたけど、電子書籍なら紙で指切ることなくていいね。
 
 
IMG_2045.jpg
と、いう話を男子にすると「重いとは考えないなぁ、ははは笑」と言われる

2012.12.29 | | 日記



韓流ドラマ「ジャイアント」大人になってから兄弟だってわかるまで 感想

例によって、ネタバレありありなので
もう観た人
興味ないけど知っておきたい人向けね。
 
 


続きを読む

2012.12.28 | | 本・映画・ドラマ・舞台の感想



クリスマスっぽい、クリスマス

クリスマスの話。
 
イブは、留学二日前の友達と過ごしたのね。
二ヶ月会えないから、二人共お喋りだし二ヶ月分がっつり。
 
なんか、むこうではあまり日本語を見たくないようだから
たぶん英語でメール送るんだけど
それじゃ伝えられないことばっかりだし、ニュアンス的にも、語彙的にも。
だから日本語で話しておきたいことは全部ばーっと。
 
自慢したり褒め合ったりが二人共大好きだから
彼と話すとそういう感じのやたらポジティブな盛り上がりになって面白くすごしました。
 
 
実は街でイブを過ごすのとか初めてで、多分。
東京駅の、なんだっけ投影アート系のやつが中止になったりとかを
すぐ傍で感じると、
ああ、きょうみんな盛り上がってるのね、そのライブの中にわたしいるのね…みたいな
雑踏への緊張も感じつつの、
わたしの友人の中で群を抜いて明るい人と一緒だったので、平気でした。わはは。
 
 
翌日クリスマスは、夜ちょこっと遠方のお兄さんとおしゃべり。
スカイプなのでこっちはケーキ、向こうは雑炊。
 
彼は仕事していて、すこし遅くなったんだけど
「もうすこし掛かりそう」「へーきへーき」みたいなメールのやりとりって
なんか…楽しいね。笑
あれはパーティーの一貫だよねもう。
待つのも対話よ、ほんと。
うんざりしちゃうひといるみたいだけど、友達でも恋人でも待つ相手がいるって幸せよ。
 
 
まあまあそんなわけでして、恵まれたクリスマスでございました。
一緒に過ごしてくれた二人には勿論、
メリークリスマスのメールをくれた友達にも感謝。
ありがとう。
 
IMG_2183.jpg
シューの中にバニラアイス!

2012.12.27 | | 日記



Kindleとkoboをざっくり考える

電子書籍。
導入しようかと思うのです。
どういうものなのか知りたいのです。
 
きっといいとこわるいとこそれぞれあるんでしょうが
なんかもうやってみないと想像つかないよねーって話なわけで
アイフォン使うまで結局アイフォンってどんなだったかわかんなかったもんね。
 
 
というわけで気になる電子書籍端末KindleとKoboを超ざっくり比較してみた。
 
・Kindle
 読みたいかもー、という本は一番多い。
 だけどKindleの端末はKoboより重いんだよね。
 でまた、本を読むためだけじゃない機能も持っている。ツイッターとか。
 
・kobo
 本を読む専用端末。
 お店で触って軽かったのは覚えてる。
 白黒で、品ぞろえはちょっと少なく感じる。
 
 
うーん。
こう考えるとやっぱりKindleかなぁ。
あまり別の用途には使わないんだけど。
ただちょっと重いのが難点。だけど、ま、本のほうが重いかもしれないよねー。
 
電子書籍への不安は、折角端末があっても、
読みたい本の電子版がなかったらちょっとなぁということ。
 
あまりに電子書籍っていう概念が未知のものだから、
これはどうなの?あれはどうなの?ってなっちゃうけど
もうそれなら一回試してしっとこうかしらと、
あともうすこしで踏ん切りつけそうなんですが。
 
 
IMG_2142.jpg
もやしと豚の蒸し鍋

2012.12.23 | | 日記



「ジャイアント」子供時代感想(ネタバレ有り)

ある地域の開発をめぐった、成り上がり物です。
韓流と聞いて想像する男女二人がくっついたり離れたりとはちょいちがいます。
 
ネタバレあるので。ご注意。
そんなに真剣に見ないけどあらすじは一応知りたいという人もどうぞ。
 


続きを読む

2012.12.21 | | 本・映画・ドラマ・舞台の感想



恐るべし。ちふれの店舗

デパートに、いったんです。
普段あんまり行かないんだけど、ていうか行かないから迷っちゃって
洋服ゾーンの奥みたいなとこまで行っちゃった、そのとき。
 
「ちふれ」
 
という文字が見えた、気がした。
 
えええ!
超プチプライスな化粧品・ちふれ化粧品の店舗が!
そんなのあるなんて知らなかったので興味津々で接近。

なんていうかハイブランド版ちふれだったりするのかとおもいきや 
や、やっぱり売ってる口紅は315円…
 
しかしわたしの目の前には可愛らしい美容部員さん。
 
 
こ「あ、あのー、実はちふれさんいつも使ってて」
美「あっ、ありがとうございますー」
 
かねてよりの疑問を口に出してみた。
 
こ「口紅がそろそろなくなるんですけど、どういう色が合うんでしょうか」
美「そうですねぇ…」
 
そこから、あのデパートの一階でよくやってる
美容部員さんによる化粧品カウンセリングがスタート。
洋服ゾーンの奥で。
 
わたしの肌の色を入念にチェックのうえ
三種類をテスト。
そのなかから理想の一本が見事に発見された。
 
迷うことくその色を頂くことにしたんだけど…
こんなに、こんなによくしていただいて…315円!
 
というか315円のために、すごく親身なこのお姉さん。
素敵!得した感がすごいの。
 
 
大人の事情なのかとにかく一階には店舗を構えてないんだそうで
発見されにくいらしい、ちふれ店舗。
 
だけど、すごく丁寧に見て下さったので、あたくし通います。
 
 
IMG_2139.jpg
生ハムと野菜のサンド。ど早朝につくりまひた。

2012.12.20 | | 日記



動揺、はずかしいっす

予定が、できるじゃん?
で、そうするとその予定を楽しみにするじゃん?
 
で、ふと、その予定に狂いが出てきた時の
「えっ」という、不安。も含め。
 
何かを手に入れるとさ、
それがなくなっちゃうんじゃないかって
すごい不安になるのは、あれは、なんなのかね。
 
 
手に入れるまでは手に入れるだけでよかったのに
手に入れた後はもうそれが離せなくなっちゃってなんかきたない。
 
みんな師走でがちゃがちゃしちゃうの、当たり前だしね。
 
まー、そのときに余裕があると
魅力というものがにじみ出てくるというか
精神的美しさってそこなのよねって思うから
さっきどうじてしまったあたしが、恥ずかしいや。どうにもね。
 
 
IMG_2128 - コピー

2012.12.19 | | 日記



さらば希子ちゃん、夏目先輩お願いします

すごいタイトルにしちゃったけど
髪の毛を切りに行った時の話ね。
 
IMG_1968.jpg
 
こんなかんじの
お兄さんが、絶対これだと勧めてくれた水原希子ちゃんヘアだったのですが
イケメンスタイリストさんに
かなり短めのヘアカタログを提示してみた。
 
ス「うーん…ここさんはくせがつよいので」
こ「難しいですか…?」
ス「パーマかけちゃいます?
  パーマとワックスでとても綺麗に仕上がりますよ」
 
正直お値段がアレでしたので迷ったんだけど
ティム・ガンの
「素敵なヘアスタイルは、それだけで
 素敵なアクセサリーを常に身に着けているようなもの」ということばを
信じてるので、違うアクセサリーを付けたいと思ったの、
それで勇気出して
 
こ「じゃあ、おねがいします、人生初のパーマです、ワックスも初です」
ス「ええーっ、そうなんですか!?」
 
 
そしてチョキチョキ。
 
人生初のパーマってどんなかしら…なんかすごい決断をしちゃったんじゃないかしら…
という気持ちで、体の芯が震えだした頃
 
ス「…なんか…もともとのくせが、いい感じになってて
  パーマいらないかも笑」
 
だって!笑
 
挙句
 
ス「…なんか、ワックスもなしで成立しちゃうかも笑」
 
だって!!笑
外国人の言葉まで思い出してお財布の勇気を振り絞ったあのくだりはなんだったんだ。
 
 
かくて、自分のくせっ毛の優秀さのお陰で値段は半額になって、
じゃあその分お買い物しちゃおうかしらなんて
履き違えるわたしがいたのでした。
 
てなわけで
IMG_2116 - コピー
希子ちゃんから夏目ちゃん的髪型に。
 
 
わたし史上、赤ちゃん以来のショートですので
すごくお上手な方に切ってもらえてよかったよかった。
 
彼は天然なのか、8階のサロンからの帰りぎわ
 
ス「ここエレベーターなかなかこないんでっ止めておきますっ」
こ「あっ、ありがとうございます」
 
ウィーーーン…
 
 
こ「これ登りだ…!笑」
 
 
という件もふくめて笑
だいすきです、ありがとうございます。
 

2012.12.15 | | 日記



仏像そしてお坊さん

あのねぇ、全然くわしくないんだけど
仏像。仏教美術、にすごく心惹かれてるんだなって
わかってたようで最近気が付いたのね。
 
仏像に関するMOOKまで買っちゃったりして
ぱらぱらめくってるだけで気持ちが休まるんです。
 
なんだろうね、これ。と思って。考えたのね。
 
仏教徒ではないのよ。
だけど、増上寺とかときどき行って、
お坊さんがお経を読む…あれはなんだろう、そういう日課?
みたいなのを眺めているのがすごくすき。
 
 
なんだか前に、美坊主、みたいなイケメン坊主みたいなの
ちょっとだけブームあったじゃない?
あれ、気持ちがすごくわかるんだよね、はまる人の。
 
桶に水を張って大事に持っているみたいに
揺れないような印象を得る仏像とかお坊さんが、好きなのだ。
それこそ大奥の有功とかもそうだよね。
 
向上、変化を伴う人っていうのもそれはそれで素晴らしいんだけど
そのとき自分の持ってる桶の水をばしゃばしゃ揺らしてしまうなら
もっとゆっくりでいいはずのように思うのね、わたしはね。
(わたしもいっぱい揺らしてしまうからそう思うんだけどね)
 
与えられたお水を揺らすことなく大事に大事に持ちながら
何歩も階段を上っていく、その品。
ときに紅葉を浮かべてみたり、桜を浮かべてみたりして
ちゃんと立ち止まって楽しめる、品。
 
そういうものを仏像から感じるから、たぶん好きなのね。
 
 
なーんて、しっとりしたことも言いつつ、の
 
 
お坊さんって最初からお坊さんじゃないこともあるじゃん。
それぞれ二十歳そこそこの時に全然違うことやってたりとか、あるわけでしょ?
そのバックグラウンドを袈裟と坊主頭の中にそれぞれ秘めているって、
ものすごいドラマだし色気あることと思わない?
 
わたしは増上寺の中で、
何人ものお坊さんが座っているのを見て
あー、ここにドラマが何作もあるのね!っていう
なんというかニッチな萌えかたをしているだけかもなぁ。
 
スキンヘッドにはそこまで思い入れないからな。
そういうことじゃないもんな。
 
 
IMG_2064.jpg
紅茶が出る瞬間に似てない?

2012.12.14 | | 日記



フィクションのような。

ポールストレッチをしに行ったら
先生がお休みとのことで
初めての先生のヨガのクラスに。
 
あるポーズから次のポーズまで流れるように変化していく動き。
すごい、からだがぽかぽかする!
終わってみると背中回りの重みがすっきり。
毎度のごとくお腹はペコペコになっていたのでそのままお昼へ。
 
 
なんか、いつも行ってるチャウダーズの横にバーがあるんだけど
そこのランチってたべたことなくて
お店の前のブラックボードを見てちょっと入ってみることにしたのね。
 
お兄さんに
カウンターですか、ソファ席ですか?と聞かれ
迷わずカウンター。
なぜなら料理している人が間近で見れる感じだったから。
 
そのかたはすごくきれいな、大豆みたいな形の頭をしていて
とってもきさくなコックさんで
最初のお兄さんと三人で
おりがみの鶴がおれるかおれないかとか、ホラーがこわいかこわくないかとか
そういう話で盛り上がった。
 
 
バーのカウンターで談笑…
いいじゃない。これ。すごくいいじゃない。
 
ほんとにあるのね、こういうところ。
 
 
IMG_2033.jpg
ネイルシール。すぐはがれちゃうけどかわいい。

2012.12.13 | | ジム



「宮廷女官チャングムの誓い」全話感想

チャングムの誓い。
すごく好きなドラマで再放送をずっと見てるんだけど、やー、ほんとに。
チャングムを見てるとぐうの音も出ないよね。
 
知らない人のために簡単に説明すると
最初は料理を、つぎに医術を宮廷で極めていく女性の半生を描いたドラマです。
主演は、韓国の吉永小百合、イ・ヨンエ。
 
 
チャングムがもう超ひたむきに実力だけ付けていくから
ほかのよこしまな権力の持ち主とかがいじめるんだけど
チャングムに倒されるのも時間の問題というか。
 
だって正義だから。
正義って、正義って時にほんとに怖いよね。
そこににごりがないからこそ、
ちょっとにごっちゃってる人たちには怖いんだよね。
 
だけど、現実はみんなちょっとにごっちゃうじゃない?
わたしも頻繁ににごるし、
なんかそこでくもりないチャングムを観ちゃうと
すいません…っていうしかなくなっちゃうね。
 
 
あたしが書く本にでてくるひとは
みんな積極的ににごっていくし、
にごりきって逆に綺麗になってきた、みたいな、振り切れたゾーンにいる。
 
チャングムもだいすきだけど、
そういう人たちもわたしはだいすき。
 
 
ちなみに、本作のMVO(Most Valuable おじさん)は
長官様です。
もちろん観てない人には微塵も伝わりませんが、
なぜか老けない死なない、そして王を見守り続ける長官様。
ちょっといい展開になるとにこやかになる長官様。たまらないです。
 
 
さて、写真から下はチャングムファンにしか伝わらない、
ここやの好きなキャラクターベストファイブ。だ!
 
IMG_2017.jpg


続きを読む

2012.12.08 | | 本・映画・ドラマ・舞台の感想



ここやさんの海外旅行 (ほんとに行くのか?)

海外旅行を、検討してて。
 
結構たいへんな一年でしたので
それをのりきったし、ちょっと日本以外ですごしたいなぁと思いまして。
まぁ理由はともかくだらっとしたいわけなのね。 
 
 
わたしの海外旅行って
ほんとに何にもする気がないというか、
観光地にもたいして行かず、そのへんのカフェで過ごして市民生活を送って終わるかんじの、
よく言えばスロートラベル。
 
フィンランドでもみんながこぞってオーロラ見に行こうとする中
ふつうに市街地に泊まって、郵便局の二階のカフェに通うという目的の無さだった。
 
 
今回にいたってはほんとに漠然と
バリとかグアムとか、ザ・リゾート、みたいなところで
なーんにもせずに、本読んだり足裏押してもらいたーい。ぐらいのやる気なのです。
予約が殺到するものなんてハナから視野に入れない、士気のひくーい旅。
 
 
なんだけど、ガイドブックって、なんかすごいじゃない?
「海に入りたいの!?山に行きたいの!?さぁ、はばたけ!」みたいな見出しでいっぱい。
みんなそんなにいろんな所に行くの?疲れないの?
 
…ちがうの
そもそもそんなにしたいことがないの、やる気がないの。
あんまりお外に出たくないの。
海外にでてるくせに、お外は嫌なのよ。
 
 
そういう温度差に気をつけつつ、
バリとグアムを比較。
うーん、グアムのホテルってハワイっぽいね。
全体的にのっぺりというか、団地みたいな感じ?
 
それと比べるとバリのほうがエキゾチック感は高いなぁー。
内装もそれを狙った感じのところが多いし、異国情緒たっぷり。
だってインドネシアなんだもんね。
 
いまのところバリに軍配。
 
 
でも、バリって英語圏ではないんだよねー?
まあ台湾いって平気だったから何語の国でも平気かとは思いますが。
 
さて、このやる気の無さでほんとに海外行くのでしょうか。ルポはまだつづく。
 

IMG_2026.jpg
写真は自宅のチェスト上。
中央は画家・沼田月光さんの「アルパカ」

2012.12.07 | | 日記



映画「悪の教典」感想(ネタバレ有り)

「悪の教典」観てきました。
 
良かった!素晴らしかった。
 
この映画では、いい意味で「ハスミンがサイコパス」という設定はアイコンにすぎなかった。
異常な人間をどう思うかなんていう倫理観は問われない。
そんなの悪いに決まってる。そういうことが問題なのではない。
 
もちろん、わたしは殺人を良いことであるとは思わないよ。
その上で以下の感想を読んでもらえると嬉しいです。
 


続きを読む

2012.12.06 | | 本・映画・ドラマ・舞台の感想



映画に行こうと言われてまず考えること

搬入の江本と
本屋さんで「悪の教典」の原作を見かけて
絶対映画見に行こう!と約束をした。
 
 
そのときわたしは頭で考えてました。
 
「おっきいポップコーン食べられる!」
 
 
ラージサイズってあるでしょ。
およそ一人ではたべないでしょーっていうあれ。
しかし、だからこそ醸し出される非日常感。
わたしこれからポップコーンたべて映画観るんだなぁっていう高揚感。
 
そういうものがポップコーンラージサイズにはある。
食べたいだけではない、アトラクション性がそこにはある!
 
 
彼なら六割くらいをお腹に収めてくれるに違いない。
そんなことを一ヶ月くらい前から大まじめに狙っていたのよ。
 
いくら江本の背が高いからと言って
常に腹ペコな訳ではないことはわたしも気がついている。
それでもおっきいポップコーンがほしい。
熱烈にほしい。
 
 
さて、次はどこの映画館のポップコーンにするかだけど…あっ…
品川にしようよメールが来たので、
頭の中で品川と六本木の味を比較検討せねば。
 
 
IMG_2024.jpg
磯野 in ポンデリング。あたしは昔からまるちゃんよりサザエさん派。

2012.12.05 | | 日記



迷子でしょうか

はい、ここのところ、脚本を書いたり、
その後ぱたっと体調を崩したりで
ブログの更新をしてなかったんだけど
 
なんだかその間も多くの方が見に来てくださってるようで
ありがとうございます。嬉しいです。
 
 
さて。
総選挙の話も、駅伝の話も、年末年始の話も、うんとしたいんだけど
その前に、
我が家の近くに現れる謎の野鳥の話でもしてウォーミングアップしたいと思いますので
興味のある方はお付き合いください。
 
 
はい、この子です。
IMG_1774.jpg
 
わたしの住むマンションは、すぐそばに海の水門があって
川というか運河に面しているのね。
だからかもめがいるのはごく普通で、カラスよりカモメのほうがよく見るの。
 
だけど、この子は…カモメではないんだよね大きさ的に。
 
特徴は真っ白、背の高さは…うーん…50センチ~70センチ?
引き潮の時に運河に並べてあるドラム缶(写真のやつね)に乗ってるのしか見たこと無いので
正確な大きさはわかんない。
 
でね、飛べます。
飛んでるやけに大きい姿は見てます。
 
 
この子、なんだろうねー。
同じ大きさのやつがいないところを見ると、
ひとりぼっちなのかしら。
 
かもめのなかにいて果たして楽しいのかしら。

どうなんだろうね、このあたりの種族間って。
人間が猿の中にいてもあまり楽しくないでしょ?
 

2012.12.04 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。