スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



母はネプリーグを何故あんなにも見るのか

去年より確実に今が幸せでいられるように、したい。
 
こんばんは、九屋あんずです。
と、日々思っているわけですけど
去年よりも、もうどう考えても今年の方が何倍も上だって言うのがね、年賀状。
 
出来の問題じゃないの。
すでにデザインができてて、
住所録なんかまでいじっちゃっているというこのリード。
一ヶ月のリードはね、大きいよ。
 
毎年毎年、年末になってひーこら言って
なんか一言とか丁寧にかけないんですよ。
 
なので今年はね、じっくりゆっくり一言を書いていくことが出来る。
 
 
問題はねー
デザイン的に、どこに一言を書いても邪魔っていう。

スポンサーサイト

2009.11.30 | | 日記



代わりの言葉として「また今度」はどうだろう

いつからちゃんと「左様なら」を受け止められなくなったのだろう。
 
こんばんは、九屋あんずです。
人と別れる時使う妥当な言葉は「さようなら」
 
その別れるというのは永遠かもしれないと単に、
「じゃ、またそのうち」的な軽いものかもしれなくて
それでいて、どっちも「さようなら」だ。
小学校なんか毎日「さようなら」だ。
 
そうやって相手に挨拶をしたらすぐやってくる孤独感と安堵感とを
じっくり味わえないのは
つまらないことのような気がした。
 
 
全然変わるんだけど、日本語英語はまだいいけど
日本語フランス語には無理があるぞという話がしたい。
 
「プチなんとか」とか。
小さなって意味だけど、問題は意味じゃなくて。
フランス語には男性名詞と女性名詞ってかたちで、名詞が大きく二つに分かれてるのね。
 
「プティ」は、男性名詞につくときだけで
女性名詞につくときは「プティトゥ」になるわけです。
 
調べてないからわかんないけど、
「整形」が女性名詞だったらどうするんだ。
プティトゥ整形になっちゃうぞ。
 
 
それにしても
英語はどうしてイギリス語っていわないんだろうね。
仏語はフランス語って言うじゃない、他の国の人も使ってるけど。
 
 
以上、言語の話でした。
はやおきできてしあわせなんだよ。

2009.11.29 | | 日記



♪みずあかバスターズ!

ときどき猛烈に、汚れと戦いたくなる。
 
こんにちは、九屋あんずです。
汚れと戦う時に肝心なのは、武器である。
あたしがいつも選ぶ戦友は
 
こいつ。
 

 
ちょっとメジャーだと思うんだけど敢えて説明すると
スポンジなの見た目。ふつーの。
大きいやつに切れ目が入っててパキッと割ることが出来る。
 
なんだけど、水で湿らせてから、汚れと思しきものをこすると
みるみるうちに綺麗になるという、その名も「激落ち君」。
 
カビとか水垢とか、なんていうんだろう
平面にビターッと広がる奴らには効果覿面なのです。
 
 
しかしこの激落ち君。
汚れを綺麗にすると自分の身が磨り減っていくという、哀しい宿命の持ち主なのだ。
 
最初、ちょっと大き目の消しゴムサイズだと思っていたら
だんだん小さくなり始めて
「おいおい、だいじょうぶかよ」と思っていると
なんかもう、ゴミ一歩手前くらいになっちゃうのである。
 
しまいには、「俺に構わず掃除を続けてくれ…っ」的な感じで
息も絶え絶えで消え行く激落ち君を悼みながら、
つぎなる激落ち君を取り出して戦うのである。
 
 
ま、ただの掃除ですけど。
今年の大掃除に皆さん使ってみてください。戦う意欲がわきます。

2009.11.27 | | 日記



万平

客室が大好きだ。
 
おはようございます。九屋あんずです。
そう、ぜんぜん気にもかけてなかったんだけど
あたしには「客室眺め癖」みたいな、客室フェチみたいなところがある。
 
大正時代に立てられたホテルですよ、とか
露天風呂つきの部屋ですよ、とか
都心ど真ん中の超リッチホテルですよ、とか
そういう注釈を読みながら、お風呂で雑誌を眺めていることが少なくない。
 
とくに気を惹かれるのはレトロ感だよね。
初代帝国ホテルの破片を、庭園美で見たときは
嬉しさとショックでくらくらした。
どうしてわたしを泊まらせてくれなかったのって思った。
 
でも新しいとこは新しいとこで、
そのぱりっとした清潔感とか、飾られた華だとかがいい。
ペニンシュラなんか百合が似合う。
 
 
と、いうことはだよ。
あたしはたぶん、手元ににお金があったとして
それで旅行に行っても客室にしか用事が無いんだよ。
食事にもそこまで用事が無いんだよ。
 
自炊するから、引っ越したいなぁホテルに。

2009.11.26 | | 日記



不出来

すぐ「最低」とか「限界」とかいうやつには、
さらなる底が待っているので現段階は「最」ではないのだ! 

おはようございます。九屋あんずです。
 
かくいうあたしも「限界」って何回も思ったけど
何回も思ったってことは、その時点では「限界」じゃなかったじゃんっていう話ですよ。
 
八割くらいの人が、結構ふつうにできることを
あたしはちっともできない。ことがある。
だから、「え、なんでできないの」みたいな状況に立たされると
もう涙が止まらないんですねぇ。
 
だからって、みんなにできないことが
あたしにできるかっていったら、そうでもないわけで。
だから「突出」でもないわけですねぇ、出てないからね。引っ込んでるから。
 
だから虫のいい奴に見えちゃうんですねぇ。
見えちゃうっていうか、実際そうなんですねぇ。
 
 
あたしだけが上手に出来ることなんか要らないから
普通出来ることをあたしも出来るようになりたいものです。
 
 
不出来。
あ、でも、「普通出来る」も略して「ふでき」なのな。そんなこと言ってる場合じゃないのな。

2009.11.23 | | 日記



土日っていう存在が、なんていうか疎ましい。

入りたい時にお風呂にお湯が入ってないと、なんか、「あぁっ」って思う。
 
こんばんは、九屋あんずです。
でもたぶんこれは神に与えられたブログ書く時間だみたいなことにして
ブログかいてます。
 
その点あれだね、
こないだの撮影『偏屈と昼飯』のロケ地は一軒家だったんですけど
キッチンでボタン押すとさ、自分からお湯入れ始めてくれるの。
 
そこからが勝負なんだけどねぇ。
あたしんちは自動じゃないから、手動だから。
がっちりお風呂の栓してあるのを目で確認してから蛇口をひねるわけ。
 
なんだけど、そのロケ地の賢い湯沸し設備は
栓が入ってても入ってなくても、お湯出すからね。そこは管轄外なんだよ。
 
いつものクセで栓しないで、陽気にボタン押して、
「ハッ」って気がついて猛ダッシュだったよ。ビーチフラッグに似ていた。
 
 
きょうは、年末までの仕事をとことん整理して図にして
ちょっと消化しました。
ていうか精神的にはだいぶスッキリした。うんうん。
 
なんか忙しいっぽいことには変わりないんだけど、
「なんか大変そうだっ」みたいな混乱はなくなったきがするよ。

2009.11.22 | | 日記



そして、ヒロコさん綺麗っていう。

久々に舞台、見てまいりました!
 
「マグズサムズのジャングル・ブギー」
うーん、やっぱり今回も面白かった!
コメディを中心とした作風で、さくっと笑えるところがすきです。
 
今日初日なので、まだまだ見れます。
結構本気で人にすすめちゃう劇団だなぁなんておもいます、まだ二回しか見てないんだけど。
オフィシャルサイトはこちら。
 
嶋則人さんという役者さんがおられるのですが
はっきりと隠れファンになったよ、きょう。
うーん、かっこよかった。
こういうとき「写真とってくださーい」の勇気が欲しい。
 
 
そしてこちら。どーん。
 

 
そもそも、わたしにインフォメーションをくれたのが
九屋班でもご一緒した相羽崇史さん。
 
見てのとおりのハンサムさんで
なんか優等生系の役柄しかみたこと無かったんだけど
今回こんな髪の色で、こんなスタイルでして、新鮮でした。
 
最初出てきた時わかんなかったもんね。
最前列で見てたのに。
思えば去年の夏、彼に舞台衣装でワンピース作ってたなぁ・・・、まだ持ってくれているらしい。
 
ちなみに彼は「きょうもきょうとて」に出てくる
アナウンサーの声の主ですよん。
 
 
はい、ここで、うちも宣伝!
★ご好評につき「きょうもきょうとて」第二弾
 「やっぱり、きょうもきょうとて」 配信決定!
 
 詳細は後日アップしていきますが、今年もあの三兄妹が帰ってきます!
 みんなで一緒に年越ししましょ。
 
 前作「きょうもきょうとて」の予告はこちら。

2009.11.20 | | 日記



中継!制作過程 vol.2

20091117-2
 
そしてこんな静物画も描きます。
 
 
★九屋あんず、作品の製作過程を随時更新中!こちらをクリック。★

2009.11.19 | | 第六回個展



中継!製作過程 vol.1

20091117-1
 
こんなかんじの色紙を
作っています。
 
 
★九屋あんず、作品の製作過程を随時更新中!こちらをクリック。★

2009.11.17 | | 第六回個展



今でも愛してるわ、安吾さん

生まれる前に出版された本を、学内で私が初めて借りた。二度目だよ、こういうの。
 
こんばんは、九屋あんずです。
ていうか、夏物のワンピースとかどこにしまおうとか思ってるうちに
こんな温度になっちゃったわけで。
 
いつもいつも思うんだけど、
「あー、秋だ!」というよりも「なぁんか寒くなってきたよねぇ」みたいな感覚で
秋を出迎えてしまうことが勿体無い。
 
なんなんですかね、秋。
秋は秋でドーンと、「秋だぜ」感もっと出してもいいんじゃないでしょうかね。
桜みたいに。
 
こうやってみると、アレね、秋と桜って、漢字の印象にてるねぇ。

2009.11.14 | | 日記



呼ばれてみたいな、東洋の魔女。

はじまりましたねぇ、バレーボール。
 
九屋あんずです、こんばんは。
なんか、母につられて見ているうちに
「お、今日はブラジル戦だ」的な、似合わないセリフが口からポロッと出てきてびびる。
 
中継で見るスポーツには
永遠を感じる食べ物が似合う。
ようはだらだら食べたいってことなんだけど、
パスタとか、うどんとか、炊き込みご飯とか…
 
一番のお勧めはお好み焼きね。
はい、それだけです。お勧めって言うだけ。
 
 
なかなかー、ガツンとしたやる気が出ないよ。

2009.11.11 | | 日記



ジョピンの曲と江國香織さんの言葉であたしは形成された、と思う

スピッツ。
 
こんばんは、九屋あんずです。
スピッツをね。聞いてみてって言われたから聞いてみたんですよ。
歌詞もなんか検索しながら読んでたんだけど。
 
赤裸々ー。
なんかわかんないけど読んでて物凄くどきどきしちゃったよ。
 
今までカラオケとかで誰かが歌ってたの聞いてたとは思うんだけどさ
「よし。きくぞっ」と思って聞いてみると、
すごい、赤裸々でなんかもう、まぶしい、うわーって。なりました。
あたしがスピッツだったら歌えない。スピッツじゃないけどもちろん。
 
紛れも無くあたしに欠如している何かがそこにはあって、
いやぁ、おどろきました。
 
 
たとえばあたしは、夏にボサノヴァをかけることに快感を覚えていた中学生だった。
やっぱりこの時期がぴったりだなぁって。
 
 
以下、拍手お返事。


続きを読む

2009.11.10 | | 日記



なんだろうね、この思い出っぽさ

beyondクランクアップ-2
 
映画「ビヨーンドのあなたへ」にて星見さんという役をやらせていただき、
無事クランクアップ。
 
こんばんは、九屋あんずです。
中央の、肌真っ白なおかっぱがあたしです。
チェキなのでボケ気味な画質ですが、味があるねぇ。
 
5月くらいにオーディションを受けにいって、
矢川監督が会場の目印として、傘を上下させていたあの日から半年。
「そこ水溜りです」って言われた瞬間には着水していたあの日。
 
 
役をいただいてから、掘り下げていけばいくほど
星見さんは知的障害を持ってるんだけど、
そんなこと全然関係ねぇっていうくらい「女」で。
 
なんだろう、映画「アメリ」の劇中で、
片足がなくて棒になってる男の人がタップを急に踊りだす映像があるんだけど。
彼は「義足の男」じゃなくて、「タップを踊る男」として存在していたと思うのね。
 
それとおんなじで、星見さんは障害者なんだけど
それ以前に「女」だったのよ。
 
 
役者優先スタンスを常に取り続けてくださったプロ意識高きスタッフさんには感服。
ほんとうにありがとうございました。
お世話になりました。
 
16mmっていう、カタカタカタって音がする、レトロなフィルムあるでしょ。
あれで撮っている、とても素敵な映画です。
公開時期がきたらインフォメーション載せたいと思います。
 
ちなみに手に持っているのはお花。

beyondクランクアップ-3
 

2009.11.09 | | 日記



ゴールドエイジ

唄うのは大好きだけど、詳しくない全く。
 
おはようございます、九屋あんずです。
おととい、中古CD屋さんいきまして。
ここがまた不思議なんだよね、
CDとかレコード、アメリカ雑貨とアンティークアクセサリー、そして、たい焼きを売ってる。
 
しかも美味しいのね。
で、それを頂きながらCD視聴できるっていう謎癒し空間。
で購入したのが「THE BEST OF OLDIES」っていうオムニバス。
ケセラセラとか、Music to Watch Girls byとか、そういうのが入ってるのね。
 
日米どちらも戦後の音楽がすきすき。
ファッションもすごくすきだし。
オールディーズ、バービースタイル、エミリオ・プッチのブラニフ航空。
 
 
映画「クラブ進駐軍」はよかったなぁ、
あのセンチメンタルジャーニー歌ってた女の子か
近くの酒場でウィスキーのスペルをまちがえてたママになりたい。
 
今まで見た映画のキスの中で、これはかなり素敵だ!と思うようなのもあるので
女子のみなさんきゅんきゅんできるよ。
男子のみなさん参考にできるよ。
 
JALもブラニフっぽい飛行機と制服にすればいいのになぁ。
 
 

2009.11.07 | | 日記



ウナセラディ

そもそも関わりはない。
 
こんばんは、九屋あんずです。
向かいの家が取り壊されておりまして
あんな内装だったのかみたいなのがガッツリ見えます東京。
建てちゃ壊し、そして建てる建てるー。
 
ノラネコどもは緊急対策会議を開いてるに違いないよ。
その家は家主がいなくて、庭でごろごろし放題だったから。
うちのマンションの管理人との熱いバトルが目前に迫ってきております東京。
 
 
そんなのを横目に、あたしはなぜかつぶれない文具店で閉じ紐を買って、
それから本屋さんに行ったらさ。
…買っちゃったね、「筑紫哲也」。
 
いろんな書店の雑誌のコーナーに置いてあります。たぶん。
 
なんだろうね、良く考えたら知らないおじいちゃんなのにさぁ。
筑紫さんの死をなんでこんなに自分が悼んでるんだか
まったくわからないけど、悲しい。そして、愛しさの混じった敬意というか。
 
世界を伝えて、受け入れた方だったようですねぇ。
いや、だからその辺のことも詳しく知らないのに
めっちゃ、切なくなっちゃうのは、なんででしょうねぇ。
 
色んな著名人が彼との思い出をつづっているわけですよ。
Coccoさんがフツーに「哲也」って呼んでて衝撃でしたよ。
呼んでみたかったよ、あたしも。
 
今呼ぼう。哲也。
 
 
拍手お返事は又後日。
 

2009.11.04 | | 日記



アイラブジェーケーって…なんだったっけマジで

ちかごろの余暇。
 
こんばんは、九屋あんずです。
「余暇を持て」「遊びをもて」
これは、わたしがもう2年位前、
だから、
絵を書き始めたかなぁくらいのときから
メンタルヘルス系の方々全員にいわれてることでありまして。
 
搬入の江本もよく気にしてそう言ってくれるんだけど。
 
で。
今ありますよ、余暇。珍しく。
 
パン作り。
 
いや、前々からやってたんだけど、ここしばらく作っていなくて
なにがきっかけだか急にね、また作ってみようと思って。
ミルク風味の割とかんたんなパンなんだけど
簡単っていっても、うまくいくときといかないときがあるのですよ。
 
これがねー、また楽しくて。
しかもなんていうか、イースト菌がなんか裏で仕組んでるんじゃないかってくらい
いい具合の成功率なわけですよ。
失敗、成功、成功、失敗、失敗、大成功、みたいな。
 
生きてますからね、イースト菌。
やつら、ラスベガスのカジノ的な中毒性を秘めている。ような気がする。
 

2009.11.03 | | 日記



カンフーとか太極拳とかヨガとか、惹かれる

ゾンビの足が早くなったことは画期的らしい。
 
こんにちは、九屋あんずです。
今までのゾンビ映画は
「奴らはノロいから、此処まで逃げれば大丈夫」みたいに主人公がなった時
実はもう囲まれているとかそういう展開が多かったらしい。
だけど、ゾンビの足自体が速くなったことで
もう単純に追いかけてくることが怖くなったんだって。
 
 
どの業界にも画期的なことってあるもんだね。 
マドレーヌヴィオネのドレーピングみたいなことかしら。
 
DSが出た時、あたしは「うわっ」と思った。
なんていうの、未来の夢あふれるイメージとして、
ガラスに小説が映し出されるような電子書籍とかよく未来物の映画にでてくるけど
形は違えどDSの文学全集なんて、まさにそれじゃん?
 
とかさ、もっとオタクが地位を確立していなかったころ
「体を使って実際に自分が動かないとできないゲームがあればいいのに」と思っていた。
そうしたら、別の種類のオタクが生まれると思った。
動けないオタクじゃなく、動けるオタク。
 
そしたらWiifitがでたわけで。
 
 
以下、メッセージお返事です。


続きを読む

2009.11.01 | | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。