スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



すきだったもの

小学生のとき
わたしはなにがすきだったんだろう。
 
物事を思い出しても
すきだったかどうか覚えていない。
 
やっぱり絵はすきだった。
 
男の子かなにかに絵をとられるかやぶられるかして
なみだがじんわりしてきて、
普段ほとんどしゃべったことのない運動の得意な女の子がきて、
その子に
「同じ絵は二度と描けないんだ」と
泣きじゃくりながら力説した。
その子はなだめてくれて、職員室に連れて行ってくれたけど
職員室なんかなんの役に立つんだと冷静に思っていた。
 
そういえば職員室のドアは、
なにか器具がついてて自動的にしずかにしまるようになっていた。
あれはすきだった。
 
 
すきだった男の子の誕生日はなぜか今でも思い出す。 
 
彼の家でやったクリスマスパーティー、
はじめて飲んだ子供用シャンパン。
 
 
ほかにすきだったことは、
なんだったっけ。
 
というか、高校のときすきだったものも実は覚えていない。
 
はては、一年前なにがすきだったか覚えていない。
 
 
今好きなものは、
手元にある自分の名刺。
手書きでつけた水彩のにじみがたまらなく善い。
 
私のつけ方が善いのではなく、
水彩側のにじみに能動性を感じられて、たまらなく善い。
 
 
でもきっと、明日には明日の好きなものを見つけるんだろう。

スポンサーサイト

2007.07.23 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 思いこぼれ



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。