スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



勉強中なものもの

きになることがたくさんあります。
たとえば「投資」
 
もちろん、リアルなお金の投資もあるんだけど
自分の今後に向けてお金をつかったりするのも投資だよね。
 
 
あたしの場合は、
ご存知のとおり服飾大学に通って
仏語、伊語を習って
トランペットを習って…と、投資しまくりです。 
やりたいことがたくさんあるので、
毎日毎日カレンダーがもっさもっさしています。
 
でね、そのなかで一番大事だなぁと最近おもうのは
休める時間も投資すること
 
ぼんやり何も考えないで
音楽に没頭して聞くだけの時間とか
もちろん寝る時間とか(絶対削っちゃいけないよねコレは)
そういう時間が自分にとって最大の投資になっています。
 
 
 
さらに、最近はお金の投資の勉強もしたいなぁなんて思ってます。
 
なかでも外貨と日本円の取引で利益を生み出す
外国為替保証金取引っていうのが注目されているらしく
初心者も感覚がわかるように
無料お試し期間みたいなサービスのある企業が多いんですよねぇ。
 
それをいくつかやってみて思ったんですけど…
 
 
手数料が、すごいかかるんです。
 
 
たとえば株とかで儲けている主婦は値段が1円でも上がったら即売る
なんていう話をきいたことがありますが
 
よっしゃそれをやってみようと思ったところで
得たわずかな利益をごっそりもっていくのが手数料。
 
 
結論として、その取引をしてくれる企業だって儲けなきゃいけないんだし
手数料こんだけとるのも仕方ないのかなぁなんて思っていたら
 
 
手数料かかんないところが、あったんです。
 
 
それがこちら。FX
 
しったときはびっくりでしたょ。
業界屈指の低コストっていうキャッチフレーズなんですが
ほんとにそうだろうなとおもいます。
ちょびちょびコツコツ儲けたいタイプの人にはすごくやさしいシステムかも。
 
 
まだわたしは学生だし、本取引はしたことないですが
無料デモにいくつか参加して、その秒単位で変動する売値買値を見ているだけでも
考え方が変わってきます。
ほんと。
数字見てるだけなのに。不思議だよ。
 
地球が回ってんだなということを
より感じることのできることのうちのひとつです。
 
お試しあれ。

スポンサーサイト

2006.09.29 | | コメント(0) | トラックバック(1) | ルポ



おもしろすぎて、今日三回は人に言ったこと

学校の近くのあるお寿司屋さんで
 
うでのよさそうな職人五、六人がですね
 
 
大塚愛の「さくらんぼ」ききながら仕込みやってました。
 
 
 
真剣なまなざしで。
カウンターとかをふいたりしてるんですよ。
 
そのうしろで「あぁーたしさくらんぼっv」とか。
 
ユーセンじゃないあたり、チョイスしただろみたいな。

2006.09.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記



はれたーーーー!しあわせ。

RUM&Coca Colaききつつ、おはようございまーす。
月末はいそがしいのぅ。
 
 
きのうはnanaと溝口健二の映画「新・平家物語」を見てきました。
僧侶組の行列の撮り方がすごいよかった。
指輪物語がCGでやってることを、溝口健二は50年以上前に
生身の人間でやってたのね。
女性の声が非常にモダンでした。
 
会食が二回もつくボリュームのあるかんじだったんてすけど
総合大学って面白そうだけど、
なかなか難しいとこなんだねぇ。
アクティブになんないとなかなか友達できないんだとか。
 
うち学級委員とかいるけどどうするよ。苦笑。
規模が違うなぁー、とかおもいました。
 
 
 
本よまなきゃな。
よみかけの本が、たぶんないからこういうことになるんだな。
(ほんとになかったっけ;
 
それから最近、録画予約を毎週時間指定でやってるところを
特番とかがおせおせてせ入ってきて
満足に見れないという事件が多発です。うわぁん。
 
グータンヌーボ見ようとしたら
トリビアが地上100メーターから鐘落としてたよ。

2006.09.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記



第123回「できるなら…こんな贅沢!」

両親に愛され
そして、はなしができる。
 
以上、トラバテーマでした♪

2006.09.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記



第122回「先延ばしにしてるやらなきゃいけないこと」

トラバテーマです。
答えは…無い!!
 
たぶんないとおもうんだよなぁ、
やらなきゃいけないことは、ぜんぶ予定に組んだりするんで
今現在完了して無くてもいずれ終わるから
無いに等しい。
 

 
ひとつある。
 
ペットボトルをリサイクルボックスに出そうと思って
ラベルを取らないまますんごいたまってる。
 
今日やろう~
 
 
 
どうでもいいはなししていいですか。
そのリサイクルボックスがあるのってコンビニなんですけど
そこに顔見知りくらいの店員さんがいるんです。
男性で25前後かなぁ…
 
最近ね、あたしウィダーインゼリーがブームなんですよ。
ピザまん、コロッケ、豆腐コロッケ、アセロラ類、ルマンド…
いろいろなブームをへて、いまウィダーがきてるのね。
 
でさ、それを、昨日そのコンビニで、
個数とかあんまり考えないでもっさもっさかごの中に入れてさ
レジにお願いしまーすって出したわけです。
 
そしたらさその顔見知りさんが
気を利かせて領収書書き始めてさ。
ウィダーを欲しがる職場の人だと思われたみたいで
どうしようと思ってるうちにこの一言ですよ。
 
店員さん「お名前どうします?」
 
どうしましょう。
 
あたし「か、かかないでだいじょうぶです」
 
店員さん「そうですか?だいじょうぶですか?」
     ↑書きたかったのか?;
 
でさ、領収書うけとったんですよ。
 
いやまぁ今回はいいよ。
次回だよ、また書かれるよ。笑
 
 
その話を聞いた母の一言
 
「ウエサマって書いてもらえばよかったじゃん」
 
なにすすめてるんだ。

2006.09.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記



トランペット最新事情

最近始めたことの中で
やっぱり周りがみんな驚くのはトランペットです。
 
 
というわけで、
現在のその実態について。
 
先生がすごくいい先生です。必死です。
 
リズムトレーニングっていって、
楽譜を見て音符のところだけ手をたたくっていうものがあるんですけど
いきなりレッスン3くらいまで行きますよとか言い始めるんですよ。
 
先生「いけますいけます!←ポジティヴ」
 
先生の読みどおり(?)レッスン2まで難なくクリア
 
しかしレッスン3になるとだんだんやらしくなってくるわけです。
休みがはいるような顔をしていながら
ふつうに手を叩いたときに離すくらいのと変わんないじゃん
とか。
八分音符のような顔をして、1個ポツンとあったりすると
なんか不審とか。笑
 
で、そのうち途中で叩けなくなってくるんですけど
 
先生「あきらめないでーえぇっ!はいっ←ポジティヴ」
 
 
そして本編、トランペットを吹くわけですが
またでるんですよ、ホーミーが。
ドとソがおなじところから同時に出るホーミー。
 
最初先生かなりびっくりしてたんですが
二回目になると
 
先生「おっ!きましたねっ(臨戦態勢
 
とか、慣れ始めてました。←ポジティヴ
 
 
必死です。
 
 
http://home.youty.jp/home_room.php/58084/
 
↑写真置き場「あんずめせん」に載ってますが
mio trombaが、ついに手に入りました。
 
ヤマハのかっこいいブラックモデルと見せかけた
えらい安いトランペットです。
 
がんばろーね。
一緒にイタリアに行こう、tromba。
 
 
でもさ、日本人的には、トロンバっていわれると、
トロンボーンの方をイメージしちゃうよね。
トロンボーンは伊語でなんていうんだろう。
 
トロンボーネとかかな(←なんかおいしそう

2006.09.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記



きょうくったおかゆはおいしかった。。。

きょうから学校が始まりました!
 
後期はね、ブラウスの製作なの。
すんごい楽しみです。
スカートより、なぜだかたのしみ。
バリエーションが広がる感じがするからかな。
 
 
それから、新テンプレ構築中ですよー♪
画像はもうできてるのであとはこつこついじるだけ。
もうすこしまっててください、乞うご期待!!
 
あした
実家かえってtp吹いて、
イタリア語いって、
カラオケ大会飛び入りするぞー!! (`□´)ノ イクゼ!ヤロウドモ!

2006.09.22 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記



ピンポン お知らせ パンポン

写真ページをつくってみました。
 
←にバナーがあります。

「あんずめせん」
 
あんずのめせんはこんなですよっていうページです。
   
見てて、なんかうれしくなる写真をたくさんとれたらいいなぁ。
なんて、おもってます。
 
歯磨き粉がちゃんと二色であるしあわせとか。
 
(あれ、中の構造はどうなってるんだろう…

2006.09.20 | | コメント(3) | トラックバック(0) | Works



うつわばなし

うつわがすきです。
 
テレビの「今宵一皿」とかすきです。
 
なんていうんでしょう、
お料理に対する魅力とは別に味わえるものがあるからでしょうか。
 
一時期、アンカーホッキング社の
アメリカンビンテージ・ファイヤーキングに熱を上げていましたが
 
最近は、白磁のうつわがすきになってきました。
 
 
白い器は、一番お料理をはえさせていいですよねぇ。
陶器のうつわで、かたちのいいものは
それをみるだけでごはんがほっこり盛ってあるところが目に浮かびます。
実際、ほんとうに、「ご飯入れたら絶対おいしい」という理由で
うつわをかったことがあります。笑
 
 
でね、今回は
白いうつわで、なおかつ和的な印象とは違ったものを発見したのでご紹介します。
 
白い洋食器のカーラ
 
これね、ドイツ製なんです。
ドイツ製なんて聞くと、身構えるって言うか
特別なときしか使っちゃいけないのかしらなんて思っちゃうけど
カーラは毎日つかいたくなるような身近なかんじなのです。
 
真っ白で、フォルムのみの勝負。
でもすごくかわいい。 
とにかくデザインがすごくいいんです。
なんだろう、ありがちな形からワンポイントずらしているけど
使いやすそうなのが一目で分かる。
 
食器としてすごくいい状態にあるんじゃないかなぁなんて
憧れの目で見ています^^

2006.09.19 | | コメント(4) | トラックバック(0) | ルポ



納得できなぁーい

だいたひかるさんが
エアギターは、大の大人がやることじゃない
とネタでいってましたが
ほんとだよなぁっておもっちゃったょ。笑
 
 
 
それはおいといて。
 
TIME誌かったことありますか?
 
もしなければ予想してください。
いくらだと思いますか?
 
仕事探しフリーペーパーくらいの厚さ。
 
 
 
 
…800円也。
 
 
 
 
高くないか!?;
ねぇ、高くない?
 
だってホットペッパーなんて、あんな厚さでタダなんだぞ;
 
なぜだー。
どなたか、どこにそんなコストかかってんのか教えてください。
あとむこうではいくらなのか教えてください。
 
納得できないー;;
内容がちゃんと読めないー;;
英語力落ちてきてるー;;
 
なのに英語バイト結果待ちなあたし。
どーすんだよ、これで受かったら。
 
てへ。(?
 
 
レスはあしたにさせてくださいな。
おやすみなさい^^

2006.09.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記



あたしの周りの喋れる人たち

話せる人がすきです。
 
お笑いでいうところの「しゃべりでわらかす」ことのできる人とか
いろんなジャンルにおいて持論をもってて語れる人がすき。 
だから、千原ジュニア、大田光、だいすきです。
 
 
ふと気がつくとあたしの周りに来てくれるのは、
話せるやつがほとんどだなぁと思うんです。
そして、しゃべりスキルの向上をはかっているやつが多い。
 
実際あたしもそのひとりです。
知識も、経験も、いっぱい蓄えておくんです。
きたるべき会食に備えて。笑
 
 
 
会食というのは、
ランチというには、あまりに濃すぎる内容を
男女関係なくサシまたは少人数で4時間くらい語り明かすお食事のこと。
(しかも、まわりのしゃべれる人たちは、なぜか「会食」と言うだけで
 あー、と納得するやつが多い。笑)
あたしは俄然サシ派なんですが、
大学の友人F子は、中学(高校だったかな)時代の友達10人くらいで
あつまって、日本の未来とか、政治の未来とかについて
机バンとか叩いて討論するサミットを開催しているらしいです。
 
「明日サミットなんだ♪」っていう不可解すぎる言葉をうれしそうに発する。
 
 
 
たとえば
このブログにもよくコメントつけてくれるnanaとかと
映画行くぞとかいうことになると
会食と映画の二本立てを意味するんですよ。
もうお互い喋るぞという満ち足りた笑いでいっぱいになってる。
で、もうほんと喋る喋る。
わりとこう、時事問題とかも語るね。

あと

光を越えるスピードで北極星に行けば
江戸時代の日本が見れるんじゃないかという説


について二週間ぐらい語ったことがあったね。
 
あとイエスの父は誰だ的なことを
聖書の文脈から読もうとしていた。(青春のポイントここらへんだった
 
 
 
リカとも喋るねー。
こういうときこういう気持ちになるよね!的な
感性というか感情についての話題がすごく多い。
だから「こんなことがあったんだよぉぉ!どう思う?涙」って投げかけると
「んじゃそりゃああぁぁぁ!!怒」ってなれる。
あと人の恋愛をもうはじまりから終わりまで私達は見つめ続ける。誰
二時間ドラマじっくり見たあとみたいな気持ちになって
「せつないねぇー…」とかゆっている。
 
 
 
そんなあたしのしゃべりをなぎ倒したのが美形K氏。
ふつうカップルとかがいきそうな公園で
飲み物食べ物のない野外会食(?)を決行する時点で
完全にシチュエーションと間逆のベクトルにひたはしってたと思うけど
ほんと彼はしゃべるしゃべる。
 
2-8くらいで相手が喋ってました。
会食仲間は「へぇ~っ」って思ってくれると思う。あたし相手に2-8はすごいよね?
日常生活で(彼女いないし)聞き手に回ってくれる人が少ないみたいで
そういうニーズを感じたのであたしも聞き手に回ってたっていうのもあるけど、すごい。
 
 
 
男の子とも、K氏しかり会食するんですよ。
あとねぇしゃべれる男は同時にフェミニストなことが多い気がする。
レディファーストだし、タバコの風向き気にするし。すごいです。
 
中でも一番のどごしの強い会食をしてくれる男はO氏ですかね。
 
2個上のおにーさんで、やっと飲酒が合法になったO氏。
パパって呼んでも怒らないO氏。
あたしに焼き鳥の味を教えたオヤジO氏。
 
彼はもう、アドバイスもいいし、深い境地で悩んでたりするから
こっちもすごく考えていて楽しいっていうか。
そうかと思うと、「浮いた話」がすきなんですよ。
 
だいたいさ、コイバナとかいう日本語があるこのご時勢で
浮いた話」っていう用語を用いるのは彼ぐらいしかいないんじゃない?笑
O氏とはなす「浮いた話」はでもやっぱりコイバナとは違う。
客観性をもって語るんですよ。
あいつはあいつのどういうところが好きなのかとか、
それをすごくシュールに客観的にいかにつっこんでいくかみたいな。
 
 
前ね、サミットを開催してるF子、あたし、O氏っていう
シュールかつ現実的極まりない会食が実現したことがあるんですけど
F子とO氏はほぼ初対面って言うか
あんまはなしたことなくって、でも最後には三人でがんがん喋れたのね。
で、F子がさきにかえって、パパO氏とさらに会食ってなって、
 
あたし「F子どうだったー?しゃべれるでしょ?」
 
って言ったら
 
パパO氏「いい友達だね(微笑」
  
お と う さ ん は う れ し い よ
 
っていう幻聴が聞こえたね。
当時19の男子が言うことじゃない。笑
あの笑みはすごい。ともすると「おとーさーん」って飛び込みたくなります。
 
 
散々喋りましたが、
F子に「近況きいてきなよ」とすすめられ
来週O氏と会食の約束をしてまーす♪
 
うはははは、もう喋りたくてしょうがない。
いきたいお店があるんだけど、焼き鳥あったかなー…
 
 
 
***追記
 
会食メイトについてのさらなるいろいろを知りたい人は続きをどうぞ。
あと会食をわたしももだれかとしたいようというひともどうぞ。笑


続きを読む

2006.09.15 | | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記



第115回「ケータイ着メロ、私はコレ!」

またしてもトラバテーマ。
 
いまの着メロは
スコットジョプリン「The Easy Winners」
すごい好きですねー、ジョプリン。
クラシック扱いですがアメリカンレトロな感じです。
 
あとねぇ、前の携帯のときは「黒電話」っていうのがあったんですよ。
小さいかばんから「リィィィィィンリィィィィン」って鳴る。笑
好きでしたねー。
 
 
 
あと、着ボイスがすきです。
一時期メールがくると
TRICKの登場人物がくちぐちにしゃべる設定になってた。
あと博多華丸とか。
 
詳しく見たい人は続きをクリック。
 
 
あと、ルパンのタイトルコールの音。
タイプライターみたいな音でタイトルうちだすアレです。
「カチカチカチカチカチカチカチ…
 チャララララァァーチャラッチャラッチャラッチャッチャッチャッー」
 
 
流行のj-popとか一切無いな。笑


続きを読む

2006.09.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記



泥チャン26時間テレビ全部録画します

米倉涼子さんがすきです。
 
というか、彼女の出ているどろどろドラマが好きです。
 
もーね。
どろどろだいすき。
 
どろどろチャンネルつくるといいよ。
略して泥チャン。
 
TBS
フジテレビ
泥チャン、みたいな。
 
24時間フルタイムどろどろ。
 
 
覚えてますか「女系家族」
米倉さん主演の、森本レオさんのあの笑い…
高島麗子の「矢島の遺産は一銭もやりませんからね!」
 
しびれるー。
たのしーい。
 
いまは不信のときがラストスパートを迎えています。
どうなるんでしょうねぇ~
うふふふふー。
 
修羅場がすきなんです。
ドラマの修羅場
事変の「修羅場」
ワイドショーの修羅場
自分自身の修羅場。笑
 
 
小学生のとき、極道物がすきでした。九重あんずでした。
レスはまた明日♪
 
 

どろどろチャンネル理想の番組
 
こたえてちょーだい「嫁vs姑」
女系家族再放送
大奥再放送
ワイドショー「質屋に貢物を入れる女たち」←これ好き
土曜プレミア「哀川翔100選」

2006.09.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記



しょうもない話達

ややや 熱っぽいぞ
 
という確信を持って、確認のため体温計ではかってみたら
平熱だった。というとき。
 
理不尽にも体温計を疑います。
 
 
風邪がえらい流行ってます。
気温下がり始めたからかなぁ・・・
大学のひとたちがどんどん倒れてゆく。
 
 
きのう、調子に乗って
タイムスリップ幕末太郎」っていう
意味わかんない4コマをよっつくらい描きました。
ものすごい温度のひくーいタイムスリップ物です。
リクエストあれば公開します。笑
 
なんかね、最近、4コマかきたくてしょうがないv

2006.09.13 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記



第113回「無人島に何か1つ持っていくなら?」

トラバテーマにのってみました。
 
「無人島に持っていくなら」とか
「100万あたったら何に使うか」とか
こういう、知ってどうするんだ系の質問って
不思議と楽しいんですよねー。なんでだろう。
 
しかも聞く側も答える側も、ある程度マジになるよね。笑
 
 
無人島に持っていきたいもの。
 
うーん…
 
 
……帰るための船?笑(正しいぞこれは

2006.09.12 | | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記



テンプレ「秋が来ている」

akiga-kiteiru-some.gif

 
ちょっと新しいことにチャレンジしてみました。
 
今回、全体的にうきあしだった色合いです。
いつもテンプレには必ず
深くて濃い、「落としの色」とでも言う感じの
全体を引き締める色を入れていますが、ちょっとそれも明るめ。
 
なので
いつものテンプレの安定感がお好きな方には
もしかしたらちょっと落ち着かないかもしれないって言う不安があります。
 
 
でもこの落ち着かない感じが
秋のつかみきれない感じにもつながるかなぁなんて、
ちょっとチャレンジしてみました。
 
 
 
そしてもうひとつ新しいこと。
 
とくにこれといったメッセージ性は打ち出さずにやってきましたが
今回はメッセージを明確に出しています。タイトルに。
「残暑でござんしょ」とか「涼しいよねーさん」とかから一新
 
「秋がきている」
 
秋をもっと感じてください。
というメッセージです。
  
 
これはですねー
「今年の秋っぽい日って10日くらいしかなかったよねー」
みたいな会話は、
九重あんずはあまり好きじゃないですよっていう主張でもあります。
 
これ去年じぶんでもそんなこといってた気がするんです。
「秋なかったに等しいよね」みたいなことまで口走っていた。反省。
米も、秋刀魚も、紅葉も目にしたのに!!
体感温度のみで判断していたというか
過ごしにくければ秋じゃないみたいな。夏か冬だ!みたいな。
 
大きな流れとして秋をとらえていきたいんです。
 
でもやっぱりあいまいだから、
能動的にキャッチしていかなきゃいけないと思うんです。
「ああ、秋だな」って意識的に思えるようにならなくちゃと思って 
毎日みるテンプレに
「秋がきてまーす」というサインをくっつけました。
 
 
ヘッダーのねーさんは
秋を意識したのはもちろんですが、
髪型とか参考にさせていただいた女優さんがいます。
 
だれでしょー。
 
(わかったひとは管理者のみ読めるモードでコメントつけて下さい★

2006.09.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Works



Diorすきになるとお金かかるんだなって言う、教訓になる男の話。

学園祭で、
クラス対抗ファッションショーがあるんですけど
そのリーダー、フランス語でおなじみK氏にうまいこと丸めこまれている気がする。
 
K氏といえばですねぇ
ハーフ顔の美形で、リーダーなんかも引き受けちゃったりする
モードにあつい男なんですが
最近なんかあたしを「オレの右腕」系に捉えている節がある。

いや信頼あってのはなしだからいいんだけど
 
サブリーダー(男)がちゃんといるじゃないか!;
  
っていう話ですよ。
その彼ともあたしはラムネを食べ交わした仲なので(←めったにしゃべらない人なので奇跡)
なんとなーく、許容してしまう。。。
 
 
だけど今日に至っては、
学校の目の前で車に乗り込むサブリーダーを目撃したぞ
 
 
K氏もあたしが到着して30分もしないうちに
話し合いの場を去って合流しやがりました。

「ねーねー、Diorのジーンズ買っちゃったよ
とか、言いながら去りました。
 
「ブーツ買うんじゃなかったの?ちゃんと貯めなさいよ。
とか、今思えば意味わかんないところを突っ込んでました。
 
 
 
話し合いが終わって、報告の電話をいれると
 
「そっかそっかうーん、ありがとう、

 でも今オレ
 首都高にいるんだv(ぶおぉーーん←車っぽい音」
 
もうなんか、ああそぅとかしか言わない。笑
ついつい許してしまうが、絶対おかしいだろー
ちゃんと仕事しろーっていうおはなしでした。
 
何で許しちゃうかって言うとー…
女子が圧倒的に多いから、かわいそうなときもあるから、とか
先週、空がすごい綺麗なとこにつれてってくれたから、とか
アイスおごってくれたからとか(それは単位の絶壁から救ってあげたから/だからって100円分まきあげたあたしもあたしだね。笑)


 
…なんかこうやって学校のことかくと
やっぱり変人が多いなぁとおもう。中身のみならず外見ももれなく。
 
またがみ深すぎて熊さんみたいなシルエットになるズボンはかないでください、美形が台無しー。
そのズボンおしりかわいーvとか女の子に言われちゃわないでください。
 
まぁそこが一美形で終わらないK氏らしいとこなんだけどね。
 
 
 
かくいうあたしも
60sゴーゴー化が進んでます♪
本当はみせびらかしたいご覧に入れたいんですが
狭い東京です。60sゴーゴーなんて目立つんで、「あいつだーっ」ってなりかねない。ので公開できなーい。涙
 
みせびらかしたいものほど
そうはいかないのが世の中だよねぇ。

2006.09.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記



Due lezioni

きょうは、夜に用事がかさなる日でした。
体調がみだれる一週間の真っ最中だったからラッキー☆
 
 
 
ひとつめ!
日本の中のイタリアで行われる
「(夏の講義終わったぜ、やったね)FESTA」に顔出してきました。
ご飯もたべられるので参加費とられるんですけど
あとワインもあった。興味ないのでのまないけど。
 
だれかといったわけじゃないので、
ひとりでなんとなく雰囲気を見つめていたら
 
「Buona Sera!」
 
初めて会う、しろいおひげのダンディイタリア人が声をかけてくれました。
 
食べないの?とか、先生は誰?とか
すごくやさしく、ゆっくり聞いてくれた。
あたしはめちゃ片言で返して、Grazieとかたくさんいうのが精一杯で
それでもその人はにこにこしてくれるわけですよ。
 
会話がひと段落したら、そのひとは別の生徒さんたちのところへいきました。
ていうかたぶん、偉い先生なんだと思う。
 
で、すすめられたとおり、ご飯を取りにいき
またひとりでもそもそ食べてたら
さっきのひとがまた気がついてくれて
 
「Buona Petite!」

召し上がれとかいただきます的な、ご飯に関するあいさつなんですけど
それをひとことすっと言ってくれてまた去っていったのです。
 
もーね、
ほんと、胸がぎゅうっとなった。
片言しか言えない自分にもすごく悔しくてぎゅうってなったけど、
こんなふうにすっと気遣ってもらえたことに
ほんとにぎゅーっとなった。嬉しかった。嬉しくて死ぬんじゃないかとおもうくらい。
 
そのひとがちょっと父親的空気を漂わせていたっていうのも
あたしをかきたてるものがあったんだな、たぶん。
こんなふうにパパにあいされたかったよ、みたいな、
そういうぎゅーっと感もありました。
 
イタリア語まじがんばろうと思えました。
 
 
ていうかイタリア人は、食べてない人を発見する能力があるのでは。
そして、食べすぎなのでは。
そして、味が濃すぎなのでは。
それから、飲み物だけなぜ「なっちゃん」とかなんだ。より薄く感じる…。笑
 
みんなテンションたかくって、はやくあたしもハイにイタリア語しゃべれるようになりたいです。
 
 
 
 
ふたつめ!
もうすこし上達してから言おうとか思っていたけど
意外にうまくいきそうというのと、だいぶおもろいので楽器レッスンの話です。
 
トランペットです。いえーい!!
 
30分授業マンツーマンが本日よりスタートしました。
マウスピースから音を出すのをクリアして
じゃあ吹いてみよーとなってから事件が起こる。
 
先生「じゃあ、まずドの音いきましょう。」
あたし「♪ドー」
 
先生「あ、いいですねぇ。じゃあ、ソを出してみましょうか。」
 
ドとソは手の形はかわらないで
吹き込み方に違いがあるので口での調節になるんです。
ソの方が高度だなって感じがしました。
 
で、先生に吹き方を教わって吹いてみるも…
 
あたし「♪ドー」
 
先生「いきなりソはむずかしいですかね。
   じゃあ、ドからレ、ミ、ファ、を吹いてソにあがりましょう。」
 
さんっはい
 
先生「♪ドーレー…」
あたし「♪ソー」
 
先生「あれっ、出ましたね!じゃあ、もう一度ソで。」
 
先生「♪ソー」
あたし「♪ドー」
 
… 

先生「やっぱり難しいですね、ドからあがるのやりましょう。」
 
 
さんっはい
 
先生「♪ドー」
あたし「♪ソー」
 
……
 
先生「どっちですか(´▽`)」
あたし「わかりません(´▽`)」

 
自分では同じなにかを吹いてるつもりなんです。笑
でも、先生がドというとソがでる!
どうしてもでてしまう。
 
 
で、ひとしきり笑いこけたあと
あたしが吹いたほうに先生があわせるという方法に打って出ることになりました。
 
 
すると
 
 
ドとソが同時に出る。
 
 
 
先生「あたらしい奏法ですね(←ポジティヴ」
 
あたし「…ホーミーです。きっと。(←ポジティヴ」

 
 
モンゴルにいかないかぎり一生聞かないだろうとおもってたホーミーを
じぶんでだしました。
 
30分で音出るんだから先生と合わせよう。笑
 
 
 
いろんなことをやるなあ自分。
あれだよ、ゲームでいうところのジョブチェンジみたいな。
 
ステータス表とかにしたらこんなだ。 

服飾  武者修行
帽子編 あとは数をこなすのみ
英語  バイトするかも
伊語  ビギナー
tp   ビギナー
仏語  単位は取れます
絵   数をこなすこと
 
絵のスキルをあげるためには伊語スキルが必要だ! ▼(ゲーム風

2006.09.09 | | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記



必殺裏稼業

きょう、ゲームをひさびさにやりまくりました。
ちょっとめがおかしい。
 
  
うわさの「必殺裏稼業」。
町で情報収集して、夜になると暗殺にくりだす
江戸が舞台のゲームなんですけど
情報収集はすごいうまくいくのに
肝心の裏稼業がだめすぎて自分でも面白い。
 
ほんとは、こう静かに静かに護衛のチンピラとか一撃でやっつけて
悪人のボスのところまでいって、
そのボスもまた静かに静かに後ろからドスッとやるのが理想なんです。
 
ところがね。
障子の影に向かって刀を刺すことで
障子越しにやっつけるっていう必殺技をやろうとして
ボタンをおしてみたら
 
どーんめりめりめりめり
 
主人公障子押しちゃった!!
 
さながらドリフですよ。
奥にいる敵もなんかびっくりしてるんですよ。
「ななななんだおまえはぁぁっ」
っていうセリフがツッコミにしか聞こえない。
 
 
そこをきりぬけて、
進入していくんですけど
もう見つかる見つかる。
忍び足やめてむしろ走っちゃえよくらいなかんじで見つかります。
 
暗殺っていうより、なんだろう、みたことあるよ
 
池田屋?とか討ち入り?
 
「だれだお前は」とか
「やんのかこらぁ」みたいな罵声が飛んで
うるさいのうるさいの。(バレたからだよ
暗殺なんていう雰囲気じゃない。
 
 
で、ボスのフロアまでたどりついたんですよ(奇跡
 
そしたらボスと中ボスみたいなのが
「うめぇうめぇ」とかいいながら酒のんでるわけです。
 
突然、中ボスがトイレに席をたつ。
 
なんだこのゲームとおもいつつ、
壁ギリで覗き込むと、だいぶ離れたつきあたりのトイレから
中ボスの後ろ頭が見える。笑
 
どんだけリアルなゲームだと思いながら
後ろ頭がこっちを振り向かないか、
行くか行くまいか、
なんかそんな感じでボスのところへ乗り込めないでいて
よしいまだ!と飛び出したら
 
トイレから出てきたー!!
 
中ボスもチンピラ同様さわぐわけです。
「さわぐなやーっ!」と刀を構え、
おもわず自分までトイレにかけこむ。
 
で、トイレで中ボスを倒す羽目になり
あとからあとからチンピラがあがってきて、トイレに追い込まれる。
 
肝心のボスは騒ぎを聞いて逃げ出す始末。
でもおかげですぐにボスが逃げ出すムービーにきりかわったので
トイレで死ぬことはなかった (´▽`)-3
 
 
でもまさかトイレいくとはおもわないよね。(正論だと思わない?

2006.09.06 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記



「トンマッコルへようこそ」の試写会へいってきました。

(あまりネタバレ的な内容はないかと思いますが、
 ネタバレいやっていうひとはご注意ください。)


感想をかくカードをいただいた。
 
男の人はばかだ。
守るべきものができたとたん守るために死んでゆく。
守るべきものがいるから生きていられるのに。
 
と書いた。
 
でもこれには続きがある。
 
客観的に見て、殺しあうことなんていいと思えないし
守るために死んでゆくというのは、
ちょっとちがうんじゃないかって私はおもってしまう。客観的な目で言うのなら。
でも、そんな男の姿をみて
ホロリとしたり、グッときたり、
さらにはそこにも惹かれるのが、女なのだ。と、思うのだ。
あたしもかっこいいとおもってしまった。
 
これはもう性。
人間ってそういうことなんだなって思った。
 
 
それから、食。
みんなやっぱりすきなものをたべたい。
おにくが食べたい。
冬でも食べたい。だから蓄えたい。
 
おいしいものをみんなで食べたとき、
相手が誰であろうと人は無条件に満たされるんだなと思った。
 
 
そして、ねむり。
いつ殺されるかわからなくても
眠気はついにその緊張を押し倒してしまう。
 
敵同士であろうと、目を閉じて眠る姿は
みんなおんなじにみえた。
それを寝ている本人達が見れないだけなんだ。
 
 
「トンマッコルへようこそ」を見てさらに教えられたことは、
その三大欲求のほかにももうひとつあるよ、ということ。
 
 
それは、笑顔。
 
兵士の顔はもう病気だ。
笑顔が欠乏した顔をしている。
自分の笑顔も、人の笑顔ももうわかんなくなっちゃっている。
 
でも彼らの前に、
妖精のように笑う女の子が現れたときから
彼らの顔にだんだんと笑顔という概念が取り戻されていく様子が
ほんとうによくわかった。
 
 
この映画が訴えているのは、
戦争について深く、国際問題について慎重に吟味、とかではないと思った。
どういうことが人間なのか。
そもそも生きるってどんなふうか。
 
それから、
ちゃんと最近わらってるか。
 
 
そういう、やさしい訴えかけのように感じた。
 
『トンマッコルへようこそ』

2006.09.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ルポ



友達のアフロがなくなるという珍経験

あたしのいとしいアフロヘア青年・通称ボブが
 
アフロをやめた!!
 
脱アフロ!!脱サラよりも勇気がいるよ。
驚きのあまり、教授が後ずさりしてた。
 
なぜだ、なぜなんだ。
いまO氏と「好きな子がアフロ反対主義なのでは」みたいな説で盛り上がってます。

2006.09.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記



「不思議なほど、無理をしないほうが愛される」

イタリア語の生徒さんが減ってゆきます。
先生、がんばれ。
(10秒チャージ2時間キープさえ追いつかない三時間授業だからじゃないのか?;
 
イタリア語を勉強したあと
イタリア料理店で
ピザをたべる。
 
どんだけすきなんだよ。笑
 
男友達が「俺生ハムでいきていけるね」っていってたけど
そんときは笑ったけど、きょうのあたしなら頷ける。
さらにいうならパルマ産だよね。(おいしい。
 
 
 
あいかわらず本の虫してます。
「不思議なほど、無理をしないほうが愛される」っていう本なんですけど
表紙がすごいやさしいんですよ。
で、買ったんです。
で、読んだんです。
 
むずかしいっ!(@□@;
 
あんなあんな天使の表紙でありながら、
「矛盾」とか「同時に」とか「従って」とか。。。
すごくおもしろいんだけどね。
すごく納得のいく本なんだけどさ…
 
なんかこう、このギャップが、こう、やきもきする一冊です。
 
 
だから、内容はえらいしっかりしてます。
こういうメカニズムでこういった循環が起こるのだとか。
そういう解説をしてくれます。 
 
読んでて思うのはね、
弱いところをだすこと=相手に嫌われるではないんだなぁっていうことと、
それをあたしは知らなかったなぁっていうことかな。
 
うまくできなきゃみたいな気持ちがあると
うまくできない自分を許せなくて
当然他の人もうまくいかないと自分を嫌うんじゃないかって
推測することになってしまって
悪循環がうまれるんだなぁと、あたしは解釈した。
 
たとえば、ひとりの友達を思い浮かべたとき
そのこの失敗も成功もみてきたけど
べつにそれであたしの中で嫌いになるとかは起こらなかったなぁって
おもうんだよね、たしかに。
 
 
 
でも
よわいところをみせるのには
なんかちょっと勇気がいるんだな(´o`)
 
 
泣き言ゆわしてー。
みたくないひとはみないでー。
みてあげようというひとはクリック。


続きを読む

2006.09.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類



♪ためぇえーいきのぉおー でぇるよぉーなっ

あたしのまわりには
歴史の中では新撰組がすき、といっている女の子が
けっこうおおかったように思うのですが
 
あたしは
 
1940s~1960sあたりまでがたまんないのです。
 
 
アメリカ兵とグレン・ミラー、渡辺晋、
ジャズ全盛からロカビリー、ザ・ピーナッツ、クレイジーキャッツ…
当時の服装もすごくすき。
三種の神器とかもうたまんない
 
だいすき。
 
うまれかわれるなら、
当時のショーガールになりたい。
と思うほど、すきですきでしょうがないんだなぁ、と
きょうSAYURIをみて再確認した。
 
 
あれは芸者の一代記なので
あたしのすきな時代も彼女は通っていったよっていうくらいの接点なんですが
その時代になっただけで、ストーリーとか全く関係ないところで
すんごい興奮していた。
 
あああ、やっぱりいいなぁって…
日本人の必死さっていうのかな
 
これからじゃないかみたいな勢いを見せ始めて
高度経済成長までのぼりはじめるその過程とか…
アメリカ化してもどこかやっぱりはかない日本の女の子とか
むしろその存在がアメリカでもなく純和風でもない
あたらしい存在というか…
 
 
駄目だもっと勉強しよう。
 

2006.09.02 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。