スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



ヘルシンキ その3

(カテゴリー「旅時間」をクリックすると
 その1から3まで揃います)
 
ヘルシンキにいったというと、
「はぁ?」
と言われたというのはその1かなんかで話した気がするけれど、
その続きの言葉も大概一緒で
 
「ヘルシンキって、なにがあるの?なにしにいったの?」
 
なにがあるかは、観光ガイドをみれば
なんとか大聖堂やらなんとか公園があることは調べてもらえばわかるけど。
 
 
なにしにいったか。
 
非常にいい質問。
 
結果的には、
美術館とカフェと本屋を渡り歩いて郵便局へ日参し、
たっぷりの紅茶(アールグレイとか、ダージリンとか)とともに
すきなところに手紙を送って、
最後は涙の別れをしに、ヘルシンキへいった、ということになる。
 
ほんとうにそれを望んで行ったかどうか
つまり、もとの目的はほんとにそこだったのかは自分でもわからない。
 
 
今思えば思うほど、あの一週間がなんだったんだかよくわからない。
 
とにかく、みわたすトーロ湾の景色が美しくて、
夕焼けのそれよりも
朝のそれのほうが格別に幻想的だった。
 
 
朝のレストランには
各国のビジネスマンを満足させるため揃えられた
6種類くらいのシリアル(猫のエサみたいなかたちのもあった)があって
そして本当に各国のビジネスマンは
そのたいして変わらない(ようにみえる)シリアルを吟味して
オレンジジュースをぐびぐび飲んでいた。
 
朝ごはんの中で一番すきだったのは、
しっかりと焼かれたスクランブルエッグで
口の中でほろほろしてとても美味しかった。
 
 
最後のほうは風邪をひいたので弱気になったけど
あんまり日本に帰りたいとも思わなかったし
よく聞くような「日本のよさがわかった」みたいな感覚もなかった。
 
ただたんに、
ほんとに気ままにやっていただけである。
あたかもその辺にくらしてるんですよ、みたいな顔をして。
 
 
あ、でも5日目かなんかに
スペイン製の靴を衝動買いしたのはすごく観光客っぽかったと思う。
靴はスペイン革とかたく決心している。
 
ヘルシンキの女は靴を試しにはいて合わなければ
すぐべつのものを試す。それはもうすごい勢いなのだ。
納得のいくものがくるまで、
10足でも15足でも試し、自分の周りに並べていくのである。
 
選ばれた一足はそれはそれは長く使われるだろう。
 
わたしが買った一足は、
せっけんのようないいにおいがする。
それが今でもするのだから不思議だ。
なんなのかよくわからないが、
歩いていてもほのかに香ってたちまちにうれしくなる。
 
 
  
ヘルシンキからもちかえったものは
証拠品みたいにひとつの袋に総まとめにしていて
きのうちょっとひろげたら、無性に帰りたくなって驚いた。
 
あんなに何もしなかったのに
すごく帰りたいのだ。
 
あのホテルで、あのトーロ湾を見て、ほろほろエッグを食べ
各国のビジネスマンを見送りたい。
もし帰るときは、衝動買いしたあの靴を履いていこう。

スポンサーサイト

2007.09.02 | | コメント(3) | トラックバック(0) | 旅時間



ヘルシンキ その2

その1よんでなくても別に平気です。
 
 
後半わたしは風邪を引いた。
そして帰りの飛行機の中、まさに着陸のときの話だが
耳がつーんとしたまま
なにをしても直らず、どんどん耳が聞こえなくなった。
地面に近づくにつれて痛みとともに音が消えていった。
 
驚きも驚き。
全体を10としたら2くらいしか聞き取れなかった。
 
 
成田について、
すぐに「健康状態に不安がある人さあどうぞ」的な部屋に入って
事情を説明した。
自分の声も骨伝導でしか聞こえず、あせった。
こわかった。
 
そこにいた初老のお医者さんは
「あーそれこれですー」ともう印刷してある紙を差し出した。
 
たぶん私みたいな人が多いのだろう。
他にもいろいろな症状のために用意されていた。
どうも、風邪で鼻のとおりが悪いとそうなるんだとか。
 
 
翌日、バイトで同僚の男の人と出かけたが
彼の声もなんだかすっきりとは聞こえなかった。
 
というか
10のうち2しか聞こえなかったことはすぐにわかったが
どこまで聞こえたら10なのか良くわからなかった。
治った、という判断基準がわからなかった。
 
聞こえることをいかに意識してなかったかである。
 
 
 
その3はまたいつか。

2007.08.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅時間



ヘルシンキ

ヘルシンキが呼んでる、と
なぜ感じたかよくわからないが行った。
 
旅行会社のお姉さんの
一人で18の子が0℃のヘルシンキになにしにいくんだという疑念が
ひしひし伝わってきて、こっちも
「なんでなんでしょーねー」ぐらいなテンションだった。
 
 
飛行機で乗り合わせたスペイン人と異常なテンションで
「ヘルシンキだ」と沸き立った。
(仲良くなったきっかけはそばつゆ。
 彼が食後にそばつゆを一気に味わおうとしていたので
 「それは飲むもんじゃねぇ」と止めた。)
 
 
ついた空港では、
パスポートの写真と実際の私をかなりの時間見比べられた。
 
パスポートでは眼鏡をかけていて
実際の私はかけていなかったのを見て
「偽造だとかいわれたら面倒だな」と思っていたら
空港のその通す人(なんていうんだあの職業)が一言
 
「ねぇもう眼鏡かけないの?」
 
えええええっ、そこ!?みたいな
素朴すぎて笑いそうになったが「たぶんね」と言っておいた。
 
 
はじめて吸ったフィンランドの外気は
かき氷の中に住んだみたいな感じがして
けして悪くなかった。
極寒の地ではなかった。ぱりっと町が仕上がっていた。
 
 
いろんなものが大きかった。
駅には防寒のためドアがついていてそれが異常に大きく
部屋のバスタブもわたしがたっぷりと横になれるほど大きく
部屋自体も大きかった。
 
よくどこか遠くへ行って絶景なんか見たりすると
「自分がちっぽけに見える」みたいなくだりはよくあるが
(わたしはそれ好きではないけど)
ここではリアルにちっぽけだと思った。
 
ドアが大きすぎて一人で勝手に幽閉されることもしばしばだった。
 
 
大きすぎるのはお皿も同じで
レストランには一度入ってもう絶対にいやだと思った。
食べ切れなくて、次の日からカフェで必要分調達していた。
 
一番通ったカフェは郵便局の二階にあるカフェで
そこの店長さんらしき日系人と友達になった。
外国であっても私がすぐに友達になるのはいつでも男性で
彼とのおわかれには泣いた。
こざっぱりした笑顔にそろった白い歯が印象的だった。
 
私服に着替えて「僕、田舎にこれから2~3日帰るから」と
いわれたときの私の顔は悲愴も悲愴だったろう。
「ごめんね、ほんとにありがとう」と気を使わせた。
絶対にまた来るからと約束した。
彼は覚えているだろうか。
 
 
外国人と仲良くなるために私は絵を描いた。
向かいのテーブルに座ったイギリス系のビジネスマンにですら
それで近づいた。
うれしそうにオレンジジュースを飲む自分の似顔絵に爆笑していた。
実際はあの絵以上に嬉しそうだったが表現し切れなかったことが悔やまれる。
彼は絵を貰ってくれた。
 
街中の個人経営みたいなカフェでは
オーナーのおばさんに店の絵をあげた。
それも喜んでくれた。
彼女も覚えてくれているだろうか。
 
郵便局のくだんの店長にも店の絵を描いて
出立の日最後に寄ったら、(彼はもちろんいなかったが)
絵が柱にしっかり張られていた。
 
店長と雑談をしたとき
「ありがとう」の言い方を教えてくれといわれ
「り」は絶対に「R」ではなく「L」だよな、みたいな話をしたせいか
そこの従業員の女性が「ありがとう」と普通に言ったのでびっくりした。
店長がおぼえて、おしえてくれたのだろう。
 
 
その店長はフィンランドのネイティブだけど
ふつうに日本人にも出会った。
ずっと私の部屋の掃除をしてくれていた彼女は
みたところ50はいっていて、ずっと日系人だと思っていた。
むこうもそう思っていて、すれ違うたびフィンランド語なり英語なりで挨拶していた。
 
さらに、わたしはずっと彼女にあてた絵付置手紙を英語でしていて
加湿ができるよう工夫してくれたり、
なぜだか紅茶まで全種類くれた。
それはもう素晴らしいサービスで感動するたび手紙を書いた。
 
最終日の前日、くだんの涙の別れの後、
むこうが日本語で口火をきっのだった。
 
びっくりした。
 
「日本のかたですよね、お名前拝見して」
 
にこやかにさらに
 
「絵も、ありがとうございました」
 
まさかここで日本人と会話するとは。
物腰が柔らかくてほんとうに素敵なひとだった。
どうして彼女はあそこにいるのか、
これから彼女はどこへいくのか、まったくわからなかったけれど
ほんとうに素敵だった。
 
 
もっとたくさんあるのだが、
とりあえずここまで。その2はまたいつか。

2007.08.18 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 旅時間



4/15 箱根湯本

ふと思い立って気がついたら箱根にいた。
 
前からちょっと電車の乗り継ぎとかはしらべてたんだけど
時刻とかはまったく持ってなんにも。
ただ、いかなきゃっとおもって
荷物をまとめて箱根湯本に行ってきました。
 
 
東海道線で小田原 そこから乗り換えて 箱根湯本。
 
日帰りの温泉とかあったけれどいかなかった。
とくに美術館とかも行くでもなしに
ただただのんびりのんびり。
 
喫茶ユトリロ。
画家・ユトリロの絵がたくさん飾ってある
なくならないでほしいとおもう喫茶店。
 
あとは寄木細工のリングを買った。
ジャパネスクなものをきているときはつけるようにしよう。
 
 
川がとても綺麗だった。
川原もとても綺麗だった。
 
湯本の川原はとってもいいです。
 
行きは普通切符で服飾本を読みつつ到着
帰りはグリーンでうたたね。
とても気持ちのいい旅でした。
 
 
さいごにかったあじの干物、さいこうだった。

箱根湯本

2006.04.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅時間



«  | ホーム |  »

プロフィール

九屋あんず

Author:九屋あんず
脚本、イラスト、文筆など。
1988/03/31生まれ。 
公式サイト
ここやあんずにInterview

写真撮影:栗原大輔さん
メイク:都築孝子さん

アクセスありがとうございます



現在の閲覧者数は:

Twitter @CoCoyaAnnzu

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。